*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

2020年12月探鳥会中止のお知らせ

日本野鳥の会札幌支部では、札幌市内の新型コロナ感染拡大を受け、12月に予定していた探鳥会を中止することといたしました。
札幌では今月過去最大の感染者数を記録し、寒く乾燥した冬の季節となり感染のリスクが大きくなってきたと判断、探鳥会の中止を決定いたしました。
大変申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。

今後の探鳥会につきましては、感染状況を見ながら毎月支部幹事会で判断したうえで、月の中頃にご案内いたします。

日本野鳥の会札幌支部

中止する探鳥会

  • 12月6日(日)西岡水源池探鳥会
  • 12月13日(日)円山公園探鳥会
  • 12月20日(日)北大構内クリスマス初心者探鳥会

えっ?トンボが?

2020年11月7日 札幌市の最高気温が18,5℃と知りました。11月中旬の気温としては珍しい事だと思います。

その日、adaは中島公園のダイサギ飛来情報で現場に居ました。そして、望み通りにダイサギに会えて写真に収めることが出来ました。その画像の中に何とトンボが写りこんでいました。しかも繁殖行動中の繋ぎトンボと呼ばれるトンボでした。この時期にそういうトンボが飛んでいることに小さな驚きを覚えたのでアップします。ではまた。

11月、円山公園定例探鳥会

11月の円山公園定例探鳥会です。

会員の、SKさん、Mさんから素敵な映像が届きました。

秋も深まった札幌です。(Mさん)

沢山のマガモのなかに1羽だけ、オシドリ雌幼鳥(SKさん)

こちらは、マガモ雄成鳥(SKさん)

じっくりと観察出来たキバシリ(SKさん)

そしてアカゲラ(Mさん)

オオアカゲラ(SKさん)

ヤマゲラ(SKさん)

行く手にはシマリスも登場!(Mさん)

今回も、充実のバードウォッチングでした。(Mさん)

撮影は、会員のSKさん、Mさんです。

2020年11月8日 円山公園

  • オシドリ
  • マガモ
  • トビ
  • オジロワシ
  • ハイタカ
  • コゲラ
  • オオアカゲラ
  • アカゲラ
  • ヤマゲラ
  • カケス
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エナガ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ツグミ
  • スズメ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • ベニヒワ
  • シメ
  • 合計:26種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-424

2020.11.1 西岡水源地定例探鳥会で見た昆虫

モンキアワフキ

前回、探鳥会で見た昆虫をまとめたところ、支部長には好評だったので、もう一回だけ続けることにしました。でも11月だもの、寒くて虫なんかいないだろう、と思っていたら意外にたくさんいるもんですから、夢中で撮影しているうちにグループからはぐれてしまいました。例によって外部リンク貼ります↓

■2020.11.1 西岡水源地定例探鳥会で見た昆虫

過去ログを調べたらちょうど3年前の探鳥会のもありました。11月でも虫ってけっこういるんですね。

■2017.11.5 西岡水源池定例探鳥会で見た昆虫

都心にダイサギ大集合!(中島公園)

中島公園11月7日午前9時15分頃。ダイサギ来ました。(4日前にダイサギ情報で中島公園へ行きましたが寒くて逃げ帰っていました。)今日は予報では19℃まで上がるという絶好の日でした。

 

黄葉の公園です。松の木の先端(左上)に一羽が止まりました。

 

 

 

 

 

止まり場所でしばらく落ち着きませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

お互いの位置を決めるようなダンスの交歓?。

 

 

 

この公園では常連になっているアオサギもやってきました。

 

 

 

 

若いアオサギですが、お気に入りの枝にいるダイサギに抗議するような仕草をしました。

 

 

 

 

この騒ぎにカラスも参戦しますが多勢に無勢で引き下がって行きました。

 

 

 

 

収まった場所取でした。

先に記したように11月3日にダイサギに逢いたくて中島公園に来ていましたが、防寒着を着ていても寒くて逃げ帰っていました。

今日は11月にしては暖かくて出てこれました。

 

 

ダイサギの優雅な飛翔が都心で見られる楽しさです。

 

 

 

 

 

今日の中島公園では、アオサギ2羽、ダイサギ4羽が同時に飛来していました。

公園に詳しい散歩中のオトーサンの話では、11月1日にも6羽の鷺が来たけれど、今日の様に一緒に見る事が出来るのは珍しいということでした。

私はラッキーでした。

 

 

 

ダイサギが集まっていた位置が分かるように移動して写しました。

ダイサギ4羽は左上に止まっています。落ち葉のじゅうたんの上を歩く人たち(右下)もお分かりでしょうね。

 

カワウだと思いますが何度も潜水して魚を獲っていました。

このあと、蒼い背の小鳥(カワセミ)が水面を横切ってい行きました。

秋の中島公園鳥日和でした。

北大構内、鳥居るよね?Ⅱ

2020、11月西岡水源地定例探鳥会の様子を直前のwebで知りました。西岡水源地フィールドの底力を見る思いでした。この日(1日)adaは北大構内を鳥たちを捜しに出かけました。

居てくれました。

ヤマガラが落ちたまつぼっくりの実を採って松の枝とを往復していました。

 

 

 

 

 

構内は紅葉と落ち葉の風情を楽しむ観光地の様相でした。

 

 

 

草花園の新戸部稲造博士像に、ドングリが並べられてあって、観光客が遊びを楽しんでいった事でしょう。

 

 

 

 

人気のイチョウ並木にはインスタ映えの風景を撮る人たちが大勢いらっしゃいました。

結局、鳥を探すより観光客の仲間になっていた事でした。

西岡水源池定例探鳥会 2020.11月

スタート前、カケスが行ったり来たりでドングリ咥えの飛行も観察、7,8羽のカワラヒワも。3つのグループに分かれて出発!

カケス 鶴見さん撮影

我グループは公園を反時計回りにコース選択。水鳥どうさ?と池へ降りるとキンクロハジロが3羽、皆♀のよう? 他にカイツブリ、マガモが数羽。

左岸側の園路を歩くも、強烈に鳥影薄しで泣きたいくらい。湿原ですれ違う別グループからのクマゲラ・ヤマゲラ情報などに焦りが増す。しかし我グループにも野鳥の神様?が降りたのか、その後キツツキ祭りとなる。

芝生広場で聞こえるクマゲラの声にソロソロ歩みだす先、出てくれた♂

クマゲラ♂ 関さん撮影

同時に、コゲラ、アカゲラも現れ、一度に出すぎて何がなにやら。

アカゲラ 鶴見さん撮影

東屋から、手の届きそうな距離で観察できたヤマゲラ♀、しっかり尾羽で支えている。

となればオオアカゲラも出てくれないかな?の願いに、何ということでしょう!オオアカゲラ♂が現れてくれ、幸せすぎて恐い。

オオアカゲラ 鶴見さん撮影

取水塔付近で水面落葉の間の旨そうなもの?を貪るマガモたち。

どのグループもバッチリとキツツキ5種は、なかなかでは?

フユシャク舞う晩秋一歩手前の西岡水源池、参加者47名でおつかれさまでした。やれやれと!

2020年11月1日 西岡水源池定例探鳥会

  • マガモ
  • キンクロハジロ
  • カイツブリ
  • トビ
  • コゲラ
  • オオアカゲラ
  • アカゲラ
  • クマゲラ
  • ヤマゲラ
  • カケス
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ニュウナイスズメ
  • カワラヒワ
  • シメ
  • カシラダカ
  • アオジ
  • 合計:24種
  • 天気:曇り
  • 地域メッシュ:6441-333