*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

2022.8月西岡水源池定例探鳥会

堤防ノリウツギが満開の西岡であります。

集合場所の周りを、ハクセキレイがとことこと・・・
スタート時、「ちょっと肌寒いくらいね」の声も聞こえました。
2グループに分かれて出発!

とにかく今日は、この方々が鳴いてくれないことを祈るばかり。
まあ無理でしょうが、集合場所に現れたコエゾゼミ。
取水塔脇の杭にとまるウミウを観察。8月西岡のご常連様であります。
池の上流側にアオサギ見つけ、「あのアオサギ7月の西岡定例の時にもいたよね」と参加者から。真相やいかに?
エクリプス中のマガモ♂、潜ったり潜ったりカイツブリの姿も。
芝生広場で「ちょうだい、ちょうだい!」と羽根を震わせ餌をねだるシジュウカラ幼鳥も観察。

東屋からのハリオアマツバメ、波が少し高く水飲みシーンは見られませんでしたが、2羽ほどの飛行を皆で観察することができました。そろそろ見納めでしょうか?
写真は、しっかりハリオアマツバメの飛翔を捉えてすばらしい!
【会員の市橋栄二さん撮影】
西岡で初めて見る花の名前を「カリガネソウ」と参加者の方に教えていただきました。漢字では「雁金草」、花の形を雁に見立てたのが名の由来だそうで、鳥絡みの花のお話しでした。

そういえばヨツバヒヨドリは、何でヒヨドリが付くんだろう?
まあ、いっか?
参加者36名(うち世話人5名)おつかれさまでした。

2022年8月7日 西岡水源池定例探鳥会

  • マガモ
  • カイツブリ
  • キジバト
  • アオバト
  • ウミウ
  • アオサギ
  • ハリオアマツバメ
  • オオタカ
  • カワセミ
  • クマゲラ
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • スズメ
  • ハクセキレイ
  • アオジ
  • 合計:19種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-333

2022.7月西岡水源池定例探鳥会

9時の段階で既にじわじわと暑く、今日は全員無事生還を目標としました。

池の上流側からひらりひらりと飛んできたアオサギを観察。遠くからクロツグミの声も聞こえます。

アオサギ J.Sさん撮影

初夏の西岡と言えばやはりハリオアマツバメ、20羽ほどの群舞や水呑みシーンに歓声があがります。毎年訪れていただけることに感謝。写真がひどすぎるけど。

池に降りる途中イカルが鳴いてくれ、良く通る声が何とも清々しい。木道を進み行くと目の前に出てくれたオオルリを皆でじっくり観察することができました。いかったねえ。

オオルリ♂ 関さん撮影

屋根付きベンチ付きの場所で鳥合わせ。これは助かる。

暑かったけど全員無事生還。参加者41名(うち世話人6名)おつかれさまでした。

2022年7月3日 西岡水源池定例探鳥会

  • マガモ
  • カイツブリ
  • キジバト
  • アオサギ
  • ハリオアマツバメ
  • カワセミ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ウグイス
  • ヤブサメ
  • センダイムシクイ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • クロツグミ
  • キビタキ
  • オオルリ
  • スズメ
  • カワラヒワ
  • イカル
  • アオジ
  • 合計:27種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-333

2022厚別川河畔林カッコウ探鳥会

初夏にカッコウの声を聞けるのは心地よいもの、すでに集合場所でカッコウの声が聞こえます。3年ぶりカッコウ調査も兼ねた探鳥会は参加者全員が調査員、できることなら姿も見たいものです。
堤防へ向かう手前、ヤナギの梢にコヨシキリを発見、ここがソングポストなのね。

堤防路を進むと河畔のヤナギで盛んに囀るオオヨシキリ。大きく開けた口の中が赤いねえ。

写真の左グループはオオヨシキリを、右グループはノビタキを観察のもよう。堤防を挟んで両側いろいろ出るので忙しいのです。

ノビタキご家族を観察、特にベイビーちゃんのあどけない仕草に参加者から「めんこいわー」の歓声。

アリスイの声も聞こえ、ホオアカが良く囀ってくれました。

カッコウどうなのさ?となりますと、盛んに鳴いて2羽3羽でバンバン飛び交ってくれれるものの一つ処になかなか落ち着いてくれず、ややもどかしい感。写真はシラカバにとまろうかなのカッコウ。

後半、上流側に移動し「カッコウ♪」の声にワクワクしながら近づくとヤナギの難しい場所にカッコウを見つけることができました。たくさんの目があることのありがたさです。

今年のカッコウ調査「川北・川下エリア」は、4羽確認という結果になり、すばらしい。スタート前「まだカッコウを実際に見たことがないんです」という6名ほどの方は、本日晴れて札幌市民に認定され祝福を受けていました。参加者34名(うち世話人4名)おつかれさまでした。

2022年6月19日 厚別川河畔林カッコウ探鳥会

  • マガモ
  • キジバト
  • カッコウ
  • トビ
  • アリスイ
  • アカゲラ
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヒバリ
  • ヒヨドリ
  • オオヨシキリ
  • コヨシキリ
  • ムクドリ
  • コムクドリ
  • ノビタキ
  • スズメ
  • カワラヒワ
  • ホオアカ
  • アオジ
  • 合計:19種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-434

2022.6月 西岡水源池定例探鳥会09:00~

早朝に続き9:00からの定例探鳥会、正直2連チャンがキツい老体にムチを打ち挑みました。陽射しありですが北風に皆さんガッチリ暖の出で立ち。
月寒川沿いでヤブサメ楽しみ、池に上がり上流側に佇むアオサギ発見。

近くのヤナギにめんこいシジュウカラ現れる。
写真はありませんが、いつもの観察ポイント手前で出てくれたカワセミを一同じっくり観察できラッキーでした。カイツブリ2羽が近づいたり離れたり。

今日の定例は、このエゾハルゼミ鳴き声フルパワーに厳しい条件の探鳥会でしたが、来年はどうかお手柔らかにでお願いいたします。
ギンラン咲く西岡でありました。
参加者24名(うち世話人4名)でおつかれさまでした。
2022年6月5日 西岡水源池定例探鳥会

  • マガモ
  • カイツブリ
  • キジバト
  • アオサギ
  • ツツドリ
  • カワセミ
  • コゲラ
  • ハヤブサ
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ヤブサメ
  • オオムシクイ
  • センダイムシクイ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • キビタキ
  • ハクセキレイ
  • アオジ
  • 合計:21種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-333

2022.6月 西岡水源池早朝探鳥会05:00~

6月の西岡早朝は3年ぶりの開催です。今回より会員限定WEB申し込み定員制とさせていただき、ご面倒をおかけいたしました。
4:30の気温は5℃、湖面からは湯気が立ち上る寒い朝、エゾハルゼミが鳴き出さぬうちにと出発。

「ジジロジジロ」とオオムシクイの囀り、この時期変わらずお立ち寄りいただけることに感謝。クロツグミの声を聞きながら駐車場へ下り、はるか先の梢で囀るカワラヒワを観察。

月寒川沿いに歩き、アオジの囀り、遠くからはオオルリの声も。
池に上がり、一生懸命のキビタキ囀りに誘われ向かうものの見つけられず、カラマツの中にやっと姿を確認できたのは20分ほど後でした。何せ、ほぼ真上の観察で首がおかしくなりそう。キビタキの写真、説得力ありです。

キビタキ♂ 支部会員 杉山次郎さん撮影

お目当てのカワセミには、しっかり出ていただきありがたいことです。望遠鏡を覗いて「キャー、綺麗!」の歓声が、探鳥会の醍醐味かしら。

カワセミ♂ 支部会員 杉山次郎さん撮影

ここまで結構な時間を費やし急ぎ足で湿原横断、木道でヤマゲラ♂にもお会いでき、写真は赤いオデコもしっかり撮れて素晴らしい。

ヤマゲラ♂ 支部会員 杉山次郎さん撮影

エゾハルゼミに邪魔されず久々の西岡早朝探鳥会、いかったわあ。
参加者13名(世話人4名含む)おつかれさまでした。

2022年6月5日 西岡水源池早朝探鳥会

  • マガモ
  • カイツブリ
  • キジバト
  • アオバト
  • アオサギ
  • ツツドリ
  • カワセミ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ヤマゲラ
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ウグイス
  • ヤブサメ
  • オオムシクイ
  • センダイムシクイ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • クロツグミ
  • キビタキ
  • オオルリ
  • ハクセキレイ
  • カワラヒワ
  • アオジ
  • 合計:28種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-333

西岡水源池のカワセミ

池の氷、今年は4月13日に落ちまして風の弱い日を選んでゆるく通い、今朝やっとお会いできました。
何十年もカワセミを見ていますが、その年の最初の出会いはいつも新鮮な感動です。オスのようでした。
今年も繁殖がうまく行きますように。

西岡水源池の氷が

いつ落ちるのかと、つい仕事中に立ち寄ってしまう気がかりな時期であります。つい数ヶ月前までの札幌が、尋常でないくらいの雪の量だったことを思い出したくない人も多いはず。4月3日定例探鳥会中止告知へ足を運んだ際の湖面は、まだ分厚い氷に覆われガンガラガンのまま、こりゃあ氷の落ちるのはかなり先かと落胆しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがなんということでしょう!
20℃超えの日も続いたおかげか、4月13日に湖面明けとなりました。

7,8羽のキンクロハジロ(たぶん?)に、カイツブリの声も聞こえる西岡であります。バンザイ!

 

4月3日 中止告知へと西岡水源池

中止のアナウンスが支部ホームページ上4月1日夜半となり、中止を知らずに西岡までお越しいただいた10名以上の会員の皆様には、無駄足を踏ませてしまい心からお詫びいたします。
にもかかわらず「新年度会費を払いたいんですけど?」と涙ものの申し出までいただき、探鳥会中止の挙句に会費徴収はヤクザまがいの手口と言われかねないかも?

 

池の氷はまだ分厚く張ったまま、例年氷が落ちるのは4月上旬ですが、今年は中旬以降となりそうです。木道も多量の残雪のため、非常に歩きにくく危険な状況です。
いい陽気に、カワラヒワがあちこちのの梢でキリコロビーンと囀っていました。
公園入口いつも繁殖に利用される電柱付属物に二羽のスズメ。
カップル成立でしょうか?

去年の今頃は湿原にミズバショウがもう咲いていたのに。カワセミを観察できるのはいつ頃かしら?

2022.1月 西岡水源池定例探鳥会

あけましておめでとうございます。

2022年札幌支部の探鳥会始めです。「おめでとうございます。今年もヨロシク」のごあいさつ飛び交う新年風景。

スタート前の支部長のお話し。参加者40名弱でもうちょい集まるかなと思いましたが箱根駅伝にやられたかしら?
3つのグループに分かれて出発。

歩き出しまもなく、エナガの声が聞こえ、カラ類混群に出会えました。コゲラ、キバシリも混じります。

進み行くうち青空広がり、こちらのカケスはヒヨドリの声真似も披露してくれました。顔が写っとらんじゃないか!

別グループでは、オオアカゲラ、ダイサギも観察できたそうで、西岡でダイサギとは珍しや。

『オオアカゲラ』猿子さん撮影

『ダイサギ』五十嵐奏(かなで)さん小学5年生 撮影

『エナガ』五十嵐奏(かなで)さん小学5年生 撮影


参加者38名でおつかれさまでした。ハイタカも出てくれた新春探鳥会!

2022年1月2日 西岡水源池定例探鳥会

  • ダイサギ
  • トビ
  • ハイタカ
  • コゲラ
  • オオアカゲラ
  • アカゲラ
  • カケス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エナガ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ツグミ
  • スズメ
  • 合計:18種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-333

「カッコウ」2022. 1・2月号の

特集エナガだらけ8ページにある和菓子と、これきっと同じだと思うんです。昨年チカホを歩いていて偶然目にとまり買い求めた記憶。

もって、一番可愛らしいとこから食べ始めると顰蹙を買ってしまうという1枚。