*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

2020年4月探鳥会中止のお知らせ

日本野鳥の会札幌支部では、2020年3月に続き4月の探鳥会も中止とします。

未だに終息の見えない新型コロナウイルスには、探鳥会参加者への十分な感染対策もとれず、不安を抱えたまま探鳥会を開催することは難しく、引き続き感染拡大防止への協力が必要と考えられ、札幌支部は4月開催予定の探鳥会は中止としました。

春からの探鳥会を楽しみにされていた会員の皆様にはご理解頂き、ご協力よろしくお願いいたします。

以下の4月に予定しておりました3回の探鳥会を中止とさせていただきます。
なお、2020年5月以降の探鳥会の開催につきましては、随時ご案内いたします。

日本野鳥の会札幌支部

中止する探鳥会

  • 4月5日 第一日曜日 西岡水源池定例探鳥会
  • 4月12日 第二日曜日 円山公園定例探鳥会
  • 4月29日 水曜日、祝日 北大構内初心者探鳥会

3月の円山公園定例探鳥会は、中止とさせていただきました。

報道等により、各種行事の中止延期等が伝えられていました。

当日、定例探鳥会中止宣言のため、集合地点に行ってみましたが、

ご参加のかたはほとんどいらっしゃいませんでした。

以下は、2月末から3月はじめにかけて

人ごみや公共の乗り物を避けて行ってみた日高方面の映像です。

オオワシの姿が・・・

間近に・・・

迫ります。

そして、上空を見れば・・・

渡り鳥の北帰行が始っていました。

さらに、オジロワシも・・・

眼前に・・・

その姿を現わしました。

夕暮迫る山道では・・・

オオマシコの可憐な表情です。(オオマシコ:同行のKさん撮影)

一首、うかびました。

オオマシコに 入日は差して

きさらぎの 木々のささやき 季節はめぐる

 

 

3月1日 西岡水源池のこと

探鳥会中止のアナウンスはできる限りしたつもりですが、もしもの参加者のため中止告知に赴きました。新雪が5,6センチほど、細かい雪の降りしきる西岡の朝であります。

結果、さすがにどなたも現れずで安心しました。
もし4月の探鳥会が中止ともなれば、暴動?など起きやせぬかと今後不安の日々です。

創成川 下水処理場付近Ⅱ

予感的中しました。偶にある事です。

新型コロナウイルス「緊急事態宣言」当日に再び行きました。

 

左下にアオサギが居ます。

 

 

歩道から写すとこうなりました。

 

 

 

 

 

 

国道添いの歩道からのウオッチングは地域住民の人気になっているようです。右奥の女性はその常連さんのようなので、情報を沢山いただきました。ここにダイサギが10羽も来たことがあるそうです。

札沼線を跨ぐ陸橋からダイサギを見つけました。

先の女性からの情報では川筋を歩くと数年前から大体どこかでダイサギを見るようになったそうで、今年はアオサギより多いそうです。

 

 

 

 

 

飛ぶ鳥の上からのウオッチングが楽しめます。

 

陸橋を渡って反対側から創成川を展望します。遠くの山は円山でしょうか。

ここにはよくアオサギなども来るようです。お目当ての格好の鯉も泳いでいますから。

 

 

上空を今日の私たちお目当てのダイサギ?が飛んで行きました。

 

 

 

 

 

 

 

一寸足を伸ばして茨戸湖へ行きました。オジロワシの姿は有りませんでしたがワカサギ釣りの様子がありました。管理は北海道開発局のようで、その部局の看板がありました(左側)。曰く「あぶない(落ちるぞ)」

創成川 下水処理場付近

今年もダイサギが姿を見せているそうです。それを期待しましたが外れました。

橋の下にカワセミが用を足すポイントがあります。

 

行ってみましょう。

コンクリートブロック護岸壁の白い跡がそうです。

 

お食事場はいくつかあるようですが、今日のタイミングでは出て下さいませんでした。

 

 

オオバンがいました。

 

 

ヒドリガモやおなじみのマガモたちもいました。

 

 

シマエナガが愛くるしいなら、カイツブリは微笑ましいでしょうか。

 

 

 

 

川沿いの上空に水鳥たちが飛来しました。

雰囲気がただならぬ様子で、「もしや?」と思っていたら・・・

 

やはりそうでした。

 

オジロワシが彼らを追っていました。

画面にそれらしいものが写っています。

 

 

今度ははっきりと姿を見せてくれています。この直前には、数百羽の鴨たちが頭上を埋めました。青空を背景に地上の雪の反射で明るく浮かぶお腹を見せて群れ飛ぶ鴨の景色を網膜に残しました。広角レンズでその瞬間を写し取っていたら作品写真だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月探鳥会中止のお知らせ

日本野鳥の会札幌支部では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月に予定しております探鳥会の中止を決定いたしました。

参加者のみなさまが不要不急の外出を控えて、多数の人との接触する機会を減らすことの必要性を考え、3月に予定していました4回の探鳥会すべてを中止とさせていただきます。
楽しみにしてくださっていたみなさま、たいへん申し訳ございません。どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

なお、2020年4月以降の探鳥会につきましては、また改めてお知らせいたします。
 

日本野鳥の会札幌支部 副支部長 猿子正彦

探鳥会中止の配布書類(PDF)

2月、円山公園探鳥会 その2

先日の円山公園探鳥会にてカワイイ!!鳥さんたちを写した

画像が送られてきましたので掲載しまーす。

見つけるのも写すのも難しい日本で最も小さな鳥、

全長10センチ体重わずか6グラムのキクイタダキ(菊戴)です。

頭上にある菊の花のような模様に注目!です。

ヒカルくん撮影 キクイタダキ 20200209

旺くん撮影 キクイタダキ 20200209撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

全長14センチ体重8グラムのエナガ(柄長)さんです。

少し首を傾けている姿がとっても可愛いですね。

ヒカルくん撮影 エナガ 20200209

旺くん撮影 エナガ 20200209

 

シマエナガ

2月の円山探鳥会開始まえのエナガです。距離は遠く小さいですがシマエナガ祭りというべき沢山のエナガがじっくり観察できました。見れたかたラッキーでしたよ。喜んでで頂けました?

日付のところポッチとして下さい。動画見れます。

 

2月、円山公園定例探鳥会

2月の円山公園定例探鳥会です。

会員のSKさん、Mさんから素敵な映像が届きました。

当日は、マイナス10.5度の冷え込み、ブルブルー。(Mさん)

それでも、開始前の集合場所にエナガです。皆さん大興奮!(SKさん)

さらに、ウソも登場!(Mさん)

そしてそして、マヒワも!(SKさん)

シメや・・・(SKさん)

アカゲラや・・・(SKさん)

ツグミなどのおなじみさんも元気に登場!(SKさん)

ご参加の皆さん、大満足でした。(Mさん)

撮影は、会員のSKさん、Mさんです。

2020年2月9日 円山公園

  • トビ
  • オジロワシ
  • ハイタカ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • キクイタダキ
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エナガ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ツグミ
  • スズメ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • ウソ
  • シメ
  • 合計:22種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-424