*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

2021年8月の探鳥会、中止のお知らせ

8月の探鳥会は中止させていただきます。
日本野鳥の会札幌支部の8月行事予定は、新型コロナウイルス感染防止のためすべて中止といたします。
8月は夏休みもあり、東京オリンピックのマラソン、競歩が札幌で開催されるため人出が多くなることも懸念されます。
なかなかワクチンも進まない中、また探鳥会で集まれるように、引き続きしっかり感染予防に努めていきましょう。

中止となる8月の行事

  • 8月1日(日) 西西岡水源池定例探鳥会
  • 8月8日(日) 円山公園定例探鳥会

なお10月の八戸航路1泊探鳥会も申し込み手続きが出来ないため、中止といたします。

中止となる10月の行事

  • 10月30〜31日(土・日) 八戸航路1泊探鳥会

9月以降の探鳥会については、その都度ホームページでお知らせいたします。

 

日本野鳥の会札幌支部

おみくじをヤマガラが運んでいた

札幌テレビ塔展望台にあったお神籤自動販売機です。

現在は代替わりした販売機になっているそうですが、昔は神主さんの代わりにヤマガラが運ぶ販売機があって、お祭りの出店にも出ていたものです。

それは昭和10年代の丸井デパート屋上の遊園地にもありました。ヤマガラの習性を利用して芸が仕込まれたようです。客が係の人に賽銭を渡すと、奥から筒状のお神籤を加えたヤマガラが出てきて、穴へ落とすとお神籤が客の前の皿に転がり出てくるものでした。その画像が有れば記録として面白いものですが、当時としては記録する値の無いものだったかも知れません。

 

 

 

円山公園お昼時

円山公園定例探鳥会中止のお知らせで・・

数年前に訪れた円山公園フィールドでのお昼時を思い出して画像アップします。

若いママさん達と思われるグループがシートを敷いてお昼時でした。そこに数羽の雛たちを連れたマガモのママがお昼にやってきました。それに気が付いて意外な表情で見守る若いママさん達の表情が楽しかったので写しました。これって肖像権に引っかかるのでしょうか。訴えられたら「お許しください」と平謝りで通します。横の池にカワセミが来ていました。飛び込みました。お昼は獲れたのか?いいえ失敗でした。此処は諦めて河岸を代えようと飛び去るカワセミでした。

 

7月円山公園定例探鳥中止中止です。

7月の円山公園定例探鳥会は中止です。

定刻をすぎても、どなたもお見えになりませんでした。

この季節の花々が・・・

ひっそりと咲いていました。

そして、今年もゼフィルスが・・・

華麗な姿を現わして・・・

優雅に舞っていました。

7月9日の大野池

1ヶ月振りに北大構内の大野池に行ってみました。近づくと大野池脇の道路に人だかりが有りました。直前に、道路から反対側(画面の右側)の小川から7羽の雛を連れたオシドリが道路を横断してきたという事でした。

道路を横断してきたファミリーとその光景を見た人たちを大野池側から写したものです。下側の階段付近に大きくなった雛たちが居ますが分かるでしょうか。

大きくなった雛たちが、6月11日に現れた10羽の雛たちかは分かりません。今年は4家族か5家族が現れたのではないかという人もいらっしゃいました。

大野池のスイレンが奇麗に咲いていました。

6月27日石狩浜探鳥会(残念ながら中止)

中止の告知に集合場所の「はまなすの丘ヴィジターセンター」に行ってきました。

支部HPで事前に中止のお知らせをしていましたので間違って来られる方はいませんでした。

はまなすの丘ヴィジターセンター

はまなすの丘ヴィジターセンター

いろいろな鳥たちが歌っていました。

歌うコヨシキリ

歌うコヨシキリ(後方はセンターの屋根部分)

ノゴマ

ノゴマ(オス)

センター前の草原でノゴマが歌っていました。

センター前の草原

センター前の草原と石狩灯台

コムクドリ (オス)

コムクドリ (オス)

オオジュリン(オス)

オオジュリン(オス)

浜辺に行ってみますと。

イカルチドリ

 

見られた鳥は他にミサゴ、ノスリ、オオセグロカモメ、ウミネコ、アオジ、

アオサギ、アリスイ、ウミウ、オオジシギ、カッコウ、カワラヒワ、キジバト、シジュウカラ、ハクセキレイ、トビ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ホオアカ、マガモ

など26種類でした。

 

2021年7月探鳥会は中止になりました(詳細は三コマ前をご覧ください)

6月18日未明の東区住宅街に熊が現れて、その後も道路を走る様子や、畑の水路や飛行場に居る映像がテレビで放映されました。インターネットでは開店前のスーパーマーケットの玄関先を歩く様子や、街角で人を襲う防犯カメラの衝撃動画や、猟友会による駆除の様子までがアップされていました。

かって東京の知り合いが札幌住まいの私に「お前んところは熊が出るそうだな」と言われて、「出るわけないだろ」と言って居ましたが、数十年後の今にその通りになった事に驚いています。

同じ東区の我が家では何時も大人しい熊の子が来客をお迎えしています。

熊と一緒に専属モデルさんが出演を快く引き受けてくれました。白老のアイヌ村で創られた熊だそうで頂き物です。

中止告知へ厚別川(厚別川河畔林カッコウ探鳥会)

もし開催していたとなれば今年は7:30が集合時間でした。藻岩山には厚めの雲かかり結構な降りでしたが、8:00前に青空覗きせっかくなので一歩きしてみました。
堤防路からすぐにカッコウ、初夏にカッコウの声を聞けるのはありがたいこと。2羽でもつれるように飛び交い、更に別の場所から鳴き声も。結局合計5,6羽はいたかしら?

オオヨシキリは、50mおきくらいで鳴いているような。以前はコヨシキリの方が多かったのですが?

ノビタキはベイビーちゃんも確認でき、父さんは一生懸命餌運びです(なんかちょっと怒ってる?)

ホオアカは、声も姿も素晴らしかった。

歩き進み、ようやくコヨシキリにお会いできました。オオヨシキリの声ばかりだったので、新鮮に聞こえます。金属的なトーン心地よし。

草原性の鳥は改めていいなの感慨でした。
やはり早朝の方が条件が良いことから、
来年も「集合時間は7:30」
ということで計画いたしますのでよろしくお願いいたします。
以下、参考までに確認できた鳥を記します。

  • マガモ
  • キジバト
  • アオサギ
  • カッコウ
  • オオジシギ
  • トビ
  • アリスイ
  • アカゲラ
  • モズ
  • ハシブトガラス
  • ヒヨドリ
  • オオヨシキリ
  • コヨシキリ
  • ムクドリ
  • コムクドリ
  • クロツグミ
  • アカハラ
  • ノビタキ
  • カワラヒワ
  • ホオアカ
  • アオジ

2021年7月探鳥会は中止になりました。(詳細は一コマ前をご覧ください)

 公園で遊ぶマガモファミリー。

この場合は「遊ぶ」というより「生きる」と言った方が良いかも知れません。整備された西区の公園でランチを楽しむマガモファミリーです。このあと彼らは公園の沼に入って行きました。注目したのは大分大きくなっている雛たちの落ち着いた食事風景です。この公園の来園者たちのマガモファミリーに寄せる姿勢を知っているのではないでしょうか。しかし、母さんのシャキッとした姿勢に雛たちを守る気概が感じられて、恐れ入りながらシャッターを切っていました。

 

 

 

 

 

2021年7月探鳥会は中止になりました

7月の探鳥会は中止させていただきます。
来月、日本野鳥の会札幌支部の7月行事は、すべて中止となりました。
札幌の感染者、なかなか減りませんね。そろそろ暑い季節になってきます。しっかり水分をとって、適度な運動、たっぷりの睡眠で免疫力を高めていきましょう。

中止となる7月の行事

  • 7月4日(日) 西西岡水源池定例探鳥会
  • 7月11日(日) 円山公園定例探鳥会
  • 7月17~18日(土~日) 八戸航路1泊探鳥会

8月以降の探鳥会については、その都度ホームページでお知らせいたします。

 

日本野鳥の会札幌支部