*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

札幌支部 由緒正しき新年会 参加したかったなあ

1月26日は法事があって参加できなくて残念でした。Hiroさんの報告で新年会の様子が分かり感謝しています。

古沢さんの講演を期待していた一人でしたので、内容のあらすじを知って更に出席できなかった残念さが増しました。鳥日和かカッコウでもう少し詳しく伝えてくださる機会を期待しています。

ada

 

2020年 野鳥の会札幌支部新年会

今年もやってきました、野鳥の会札幌支部新年会です。
山田支部長が来られなかったため、猿子副支部長による「由緒正しき新年会」のごあいさつから始まりました。

由緒正しき新年会

由緒正しき新年会

そして新年会講演は、札幌市博物館活動センター学芸員の古沢仁さんに来ていただきました。
札幌で発見された、サッポロカイギュウやコガネユクジラなどの古生物のお話からはじまり、地球規模のプレートの動きに、世界の中の札幌の位置による気候の特異性、札幌の開拓に関することまで、私達の住む地域の成り立ちや自然について写真や資料を映しながら、楽しくお話していただきました。

札幌市博物館活動センター学芸員の古沢仁氏

古沢仁さんによる講演会


あらためて、自分たちの住んでいる場所が、いろんな条件で豊かな自然に恵まれているんだなと、感じられた講演でした。

講演の後、懇親会開始の乾杯。恒例の参加者持ち寄り品によるオークション、豪華商品券が当たる福引など、令和最初の新年会は、にぎやかな雰囲気で終了いたしました。

オークション

オークション

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
今年もたくさん野鳥が見られますように。

「札幌のオシドリ母さん雛20羽⁉意外な育児」

1月26日(日)7:30pmNHK総合TVダーウインが来た、で北大構内のオシドリファミリーの様子が30分間タイトルの如く放送されました。札幌放送局に問い合わせましたら再放送は1月28日(火)4:02amと知りました。興味のある方はとりあえずそちらをご覧になれます。

北大構内にある楡の大木の5mの高さの洞からヒナたちが次々に飛び降りる巣立ちの様子も面白いものでした。実はマガモも樹の洞で卵を産んで雛が飛び降りる巣立ちをする事が以前に道庁前庭でも見られていました。

(ここで画像を貼り付けて説明文を入れたいのですが、どういうわけか何時もの調子で作るのが難しいので一旦ここで終わって、別にトライしてみます。ごめんなさい。)

1月19日真駒内公園探鳥会

天気が良くて大勢の参加者とともに楽しいバードウォッチングが
出来ました。

開始前の様子

開始前の様子

気温はマイナス7度でしたがどんな生き物たちに出会えるのか、と楽しみにしての参加です。

ミソサザイ  大坂旺(ひかる)くん撮影

ミソサザイ  大坂旺(ひかる)くん撮影

上の写真はいつも参加していただいている大坂旺くん(小学校1年)の

撮影したミソサザイです。大きさは10センチほどの小さな鳥です。

しかも、動きが速くて見られたのも、ほんの一瞬でした。

下の鳥はキバシリです。口元をご覧ください、小さなクモ(蜘蛛)をくわえています。

キバシリ クモをくわえてます(SKさん撮影) 

キバシリ クモをくわえてます(SKさん撮影)

お馴染みのシメです。顔つきがちょっとこわもて顔です。

シメ (SKさん撮影) 

シメ (SKさん撮影)

ツグミ、ロシアからやってくる冬鳥の常連さんです。

ツグミ (SKさん撮影) 

ツグミ (SKさん撮影)

ヤマゲラの飛ぶ後ろ姿です。こちらも一瞬の出会いでした。

ヤマゲラ (SSさん撮影) 

ヤマゲラ (SSさん撮影)

今年は、とっても雪が少なく歩きやすかったです。

探鳥会の様子 家族連れで多くの参加がありました

探鳥会の様子 家族連れで多くの参加がありました

子どもたちの参加も多くて、楽しそうです。

すぐ目の前の枝に白と黒のハトくらいの鳥が止まりました。

それを橋の上から、じっくりと観察すると。

探鳥会の様子 橋上からヤマセミを観察中

探鳥会の様子 橋上からヤマセミを観察中

なんと、珍しいヤマセミさんでした。

ヤマセミ 飛翔 (SKさん撮影)

ヤマセミ  (SKさん撮影)

ヤマセミ 飛翔 (SKさん撮影)

ヤマセミ 飛翔 (SKさん撮影)

探鳥会の間中も川面を飛んで近くの枝に止まり、何度も観察出来ました。

上は川魚を狙うヤマセミさんです。

そこにカワガラスもやってきました。

ヤマセミとカワガラスが同時に出現 SSさん撮影

ヤマセミとカワガラスが同時に出現 SSさん撮影

さらに川岸を、この動物が走り回っていて、皆さんを喜ばせてくれました。

初記録のほ乳類ですが、なんの動物でしょう。判りますか?

イタチ 橋の上から写しました

正解はイタチです。この後、水に潜っていました。

イタチくん アップ画像

イタチくん アップ画像

女性陣からは「キャッ!カワイイ!!」との声があちらこちらから上がっていました。イケメンくんですね。

追伸:探鳥会の終了後に真駒内公園の上空を通過して行きました。

オジロワシです。

オジロワシ 

オジロワシ 探鳥会後の昼 (SSさん撮影)

 

2020年1月19日 真駒内公園

  • マガモ
  • トビ
  • ヤマセミ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ヤマゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ミソサザイ
  • カワガラス
  • ツグミ
  • シメ
  • 合計:19種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-324

冬鳥シメの動画

札幌市内の公園にてシメがいました。園路の脇ですが周りと違和感のない保護色なもんで先に見ていた方がいなかったら通り過ぎるところでした。

日付のところポッチとすると動画見れます。

 

1月、円山公園定例探鳥会

1月の円山公園定例探鳥会です。

会員のSSさん、SKさん、Mさんから素敵な映像が届きました。

1月の札幌、雪が少なくてチョッピリ拍子抜けです。(Mさん)

まずは、始まり始まり-!(Mさん)

スタート直後。ヒレンジャク登場!(SSさん)

大勢さんで、出迎えていただきました。(SKさん)

おっ!キレンジャクもいます。

皆さん、すっかり盛り上がりました。(Mさん)

おなじみのマガモも登場!リラックスリラックス。(SKさん)

こちらも、おなじみのゴジュウカラです。(SKさん)

うわー!美しー!ウソ雄です。(SSさん)

そして、ウソ雌(亜種アカウソ)も、しっとりと登場!(SSさん)

そしてそして、シメも登場です。(SSさん)

探鳥会の最後に、確認できた鳥種をチェック!(Mさん)

・・・している最中にハイタカ飛来!(SKさん)

またまた、盛り上がりました。

撮影は、会員のSSさん、SKさん、Mさんです。

2020年1月12日 円山公園

  • マガモ
  • トビ
  • ハイタカ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • キクイタダキ
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エナガ
  • キレンジャク
  • ヒレンジャク
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ツグミ
  • マヒワ
  • イスカ
  • ウソ
  • シメ
  • 合計:23種
  • 天気:曇り
  • 地域メッシュ:6441-424

「新年いい探鳥会だったんでないかい」

仰る通り西岡水源池定例探鳥会はいい探鳥会でしたね。ブログから伝わってきました。解散後のレンジャクの出会いを楽しんだ方々もいらっしゃったでしょう。小さな鳥を写すのは結構難しいけれど、見事に画像で見せてくださってありがとう。その時の状況がコメントされているのが魅力を増しています。個人的にはノスリの風情が印象的でした。カッコウの表紙に出てほしいと個人的に思いました。今年もよい年になりますように。

雪が駐車場の古タイヤを笑わせました。

今年は雪が少なくて笑えません。スノーシューも出番を待っている事でしょう。

 

 

西岡水源池定例探鳥会 2020.1月

あけましておめでとうございます。
2020年の札幌支部探鳥会初め、西岡公園は3月下旬まで木道改修工事のため園路はかなりの通行制限ですが、めげずに良い出会いに期待したいものです。2グループに分かれて出発!

集合場所に、カラ類集合。オッホッホ!

ヤマガラ 渋谷さん撮影

ハシブトガラ 渋谷さん撮影

シジュウカラ 関さん撮影

スタート後、ほどなく現れたキバシリ、2羽で追いかけあうような仕草も。囀りを聴けるまで、もうちょいです。

キバシリ 関さん撮影

アカゲラも♂♀とも観察できました。コゲラも。

アカゲラ♀ 渋谷さん撮影

アカゲラ♂ 関さん撮影

このあと、ノスリ祭りとなるの巻。

まずは湿原方向トドマツにノスリ。いんでなかい。

ノスリ 渋谷さん撮影

一度、飛び去るものの「あれー、行かないで!」の皆の思い通じたのか、何ということでしょう!すぐそばの枝まで戻って来てくれそのままじっと。

ノスリ そぼ降る雪に凛々しいお姿  渋谷さん撮影

ウッ、にらまれた!  渋谷さん撮影

ノスリ祭りにもう一グループも合流、全員で観察でき大したいがった。この後、降りが強くなり早めの鳥合わせとなりました。

鳥合わせ風景

種数は少なかったけど、新年いい探鳥会だったんでないかい。

参加者44名、今年も楽しい探鳥会となりますように。

2020年1月5日 西岡水源池定例探鳥会

  • ノスリ
  • コゲラ
  • オオアカゲラ
  • アカゲラ
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • 合計:12種
  • 天気:晴れ後雪
  • 地域メッシュ:6441-333

 

 

 

 

 

※おまけ
帰り道、水源池通りでお会いしたレンジャク150ほど、黄も緋もどちらもで緋の方が多かったかしら?

初夢は白い鷺でした

中島公園の鴨々川に「白鶴橋」が架かる所に二羽の白鷺が遊ぶ夢が初夢でした。鷹が水浴びする夢だったら令和二年(2020)一月二日06:45を組み合わせてロト6を買ったかも知れません。

翌三日、連れ合いと一緒に夢が正夢の可能性を夢見て現場に行ってみました。居たのはオシドリとマガモで期待は夢と消えましたが、ゆったりとしたお屠蘇気分の延長を楽しめました。

カッコウ新年号で副支部長が私たちに新年のあいさつを贈ってくれています。その中にタンチョウが札幌市内に毎年来るという夢を語っておられます。これは正夢になると勝手に思っています。昨年に丘珠に来たことでもその可能性は高いです。一方にこの可能性は低いかもしれませんが中島公園の白鶴橋にも来てくれたら私の夢全開です。鶴の名が付く橋が呼んでいます。かって大通公園にアカショウビンが来て札幌支部に保護されたという意外な記録もあって、あながち夢とは言えません。

八月22日~23日にかけて「日本野鳥の会北海道ブロック支部連絡協議会総会」が10年ぶりに札幌で開催されて、「さっぽろ野鳥観察手帖」の著者、河井大輔さんの講演が予定されているそうです。今年は災害の無い良い年になりますように。

札幌支部 「由緒正しい新年会」

今年も開催いたします。お気軽にご参加下さい。

    • 日時:2020年1月26日(第四日曜日)13時~16時
    • 会場:円山会館(札幌市中央区北1条西23丁目1−18)
    • 参加費:1500円(軽食、飲み物付き)
    • 講演:札幌市博物館活動センター学芸員・古沢 仁(NHKブラタモリ出演
      テーマ「札幌の自然について」
    • オークション:皆さんが持ち寄った寄贈品で行います。
      ***当日会場へ出品物が有れば持参ください***
    • 申し込み:ホームページ、探鳥会、電話、メールでお申し込みください。
      TEL 011-613-7973
      支部アドレス E-mail:cuckoo@sapporo-wbsj.org
    • 申し込み締め切り日:1月20日水曜日月曜日まで
           (締め切りの曜日間違えてました。すみません)