*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

2018年、シギ・チドリとの出会い(その7、シロチドリ、キリアイ、メダイチドリ)

8月26日、石狩浜にてシロチドリです。振り返ったお顔、可愛いー!

同日同所、キリアイです。至近距離でじっくりと観察出来ました。。

独特の後ろ姿に・・・

頭部の斑紋です。

9月2日、同じく石狩浜でメダイチドリです。

何とも、つぶらな瞳。

つづく

2018年、シギ・チドリとの出会い(その6、コアオアシシギ)

8月19日、石狩浜にてコアオアシシギに遭遇!

その姿は・・・うわぁーーー!おしゃれーーー!

と言うか、優雅というか

走っても・・・

たたづんでも・・・・

何とも美しー!・・・絵になります。

一首浮かびました。

         はつあきの 風とかをりと

         丈たかき 気高き生命

         コアオアシシギ

つづく

円山公園、すっかり秋めいてきました。

日一日と、秋めいてきた円山公園です。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

園内の池にて、カワセミです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オシドリは、このように成長しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マガモも元気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのオシドリは、すっかり男前になってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋の日差しが心地よい円山公園です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

2018年、シギ・チドリとの出会い(その5、ハマシギ)

8月14日、石狩浜波打ち際のハマシギです。

9月1日、内陸部干潟にて、夕陽に映えます。

9月16日、腹部に夏羽の黒斑の名残が見えます。

何年か前の映像ですが、5月の鵡川です。

超大群に遭遇したときのものです。

旧作の一首を思い出しました。

       旋風(かぜ)のごとく 寄せ来る羽音

       鳴り止まぬ 熱き全奏(テュッティ) ハマシギの春

つづく

 

3分間の出来事

 

震災前の9月2日の石狩川堤防からの風景です。耕された畑で何やら鳥達が集まってエサを食べているのでシャッターを切りました。

 

 

ドバトでしょうか?

すると突然、飛び立ちました。

上空を旋回しています。

まるで何かに追われているよう

最初に見ていた方に視線を向けると、1羽逃げ遅れてつかまっています。

その後、飛び去っていきました。

 

残酷なようですが自然の中ではごく普通に起こっている風景です。

災害は突然やってきます。それは一瞬です。

アンテナを張りめぐらし、命を守る為に出来る行動や準備を常日頃から考えておかなければならないと、地震があって改めて思わされた出来事でした。

2018年、シギ・チドリとの出会い(その3、アカエリヒレアシシギ)

8月20日石狩浜、数多くのアカエリヒレアシシギが降りていました。

こちらは幼鳥のようです。

おっ!食料発見!

かの虫かな・・・

 

捕らえましたが・・・

一匹は取り逃がしました。

それでも、捕まえた一匹を

パクッ!

一首浮かびました。

      捕らへたり 小(ち)さき生命を

      あへなくも 健(た)けきアカエリヒレアシシギは

つづく

2018年、シギ・チドリとの出会い(その2、オジロトウネン・ヨーロッパトウネン)

8月18日石狩浜にて、オジロトウネンです。

美しい羽裏。

8月26日、今年も石狩浜にてヨーロッパトウネンに遭遇しました。

背中のVラインが鮮やかです。

トウネンとは異なり、喉のあたりが白いですね。

そして、尾羽より長めの初列風切羽。

さらに、太くて濃い軸斑。・・・じっくりと観察出来ました。

つづく

2018年、シギ・チドリとの出会い(その1、トウネン)

今年も沢山のシギ・チドリ達との出会いがありました。

まずは、おなじみのトウネンです。

8月14日、石狩浜にて

同日同所、何かに驚いて浜から飛び立ちました。

8月18日石狩浜、まさに、Red-necked Stint です。

同日同所、楽しそう。

9月1日石狩調整池、優雅に飛びます。

9月16日石狩浜、水面に姿が映えます。

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室蘭、鷹の渡り探鳥会

9月17日、室蘭鷹の渡り探鳥会です。

やや、風がありましたが絶好の青空に恵まれました。

まだまだ地震の影響が残る道内ですが、遠路はるばるご参加の熱心な方々総勢18名で開始しました。(ほとんどの方が札幌方面からお越しになりました)

まずは、ハチクマ幼鳥。

ハチクマは幼鳥成鳥合わせて20羽前後飛びました。

そして、ツミ。翼先分離は5枚。

鋭い視線が印象的でした。

探鳥会終了後、測量山山頂にての撮影ですが、ハチクマ♂成鳥。

 

 

尾羽に2本の太い横帯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年9月17日 室蘭

  • アマツバメ
  • ハチクマ
  • ツミ
  • オオタカ
  • ハシブトガラス
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • イワツバメ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • カワラヒワ
  • 合計:12種
  • 天気:快晴
  • 地域メッシュ:6340-374