*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

鴨の雛たちは

6月初旬に生まれた中島公園と北大構内のマガモとオシドリの雛たちは、カラスに襲われるなどして数を減らしつつ親と変わらぬ大きさになっています。生まれたての彼らが移動する時には一列になって付き従う光景を見る事があります。陸上を目的地に向かうときも一列になるので、その際の危険に対応できる形なのかもしれません。雛たちが身につけた本能と思いますが、不思議な気もするのでその形をアップします。

2021年9月の探鳥会は中止です

9月の探鳥会は中止させていただきます。
日本野鳥の会札幌支部の9月行事予定は、新型コロナウイルス感染防止のためすべて中止といたします。
いつまで続くの?このコロナ。9月も探鳥会はすべて中止せざるを得ない状況です。
同じく、いつまで続くの?この暑さ、という感じで、連日30℃超えが続いておりますが、みなさま体調はいかがでしょうか。
無理をなさらず、お体に気をつけて、お過ごしください。

中止となる9月の行事

  • 9月5日(日) 西西岡水源池定例探鳥会
  • 9月12日(日) 円山公園定例探鳥会
  • 9月19日(日) 室蘭タカ渡り探鳥会

10月以降の探鳥会については、その都度ホームページでお知らせいたします。

 

日本野鳥の会札幌支部

三密を避けて・・・

ここのところ、三密を避けて厚田の山中へ通っていました。

お目当ては、ハチクマです。

他には、アオバトも・・・

そして、今年多かったエゾシロチョウや・・・

モンキチョウも可愛い姿を確認しました。

そしてそして、セセリチョウの1種も現れました。

8月、円山公園探鳥会は中止です。

お知らせ致しました通り、8月の円山公園定例探鳥会は中止です。

定刻になりましても、どなたもお見えになりませんでした。

園内のナナカマドは、早くも色づいてきました。

早くコロナ禍がおさまりますように・・・

 

 

2021年8月の探鳥会、中止のお知らせ

8月の探鳥会は中止させていただきます。
日本野鳥の会札幌支部の8月行事予定は、新型コロナウイルス感染防止のためすべて中止といたします。
8月は夏休みもあり、東京オリンピックのマラソン、競歩が札幌で開催されるため人出が多くなることも懸念されます。
なかなかワクチンも進まない中、また探鳥会で集まれるように、引き続きしっかり感染予防に努めていきましょう。

中止となる8月の行事

  • 8月1日(日) 西西岡水源池定例探鳥会
  • 8月8日(日) 円山公園定例探鳥会

なお10月の八戸航路1泊探鳥会も申し込み手続きが出来ないため、中止といたします。

中止となる10月の行事

  • 10月30〜31日(土・日) 八戸航路1泊探鳥会

9月以降の探鳥会については、その都度ホームページでお知らせいたします。

 

日本野鳥の会札幌支部

おみくじをヤマガラが運んでいた

札幌テレビ塔展望台にあったお神籤自動販売機です。

現在は代替わりした販売機になっているそうですが、昔は神主さんの代わりにヤマガラが運ぶ販売機があって、お祭りの出店にも出ていたものです。

それは昭和10年代の丸井デパート屋上の遊園地にもありました。ヤマガラの習性を利用して芸が仕込まれたようです。客が係の人に賽銭を渡すと、奥から筒状のお神籤を加えたヤマガラが出てきて、穴へ落とすとお神籤が客の前の皿に転がり出てくるものでした。その画像が有れば記録として面白いものですが、当時としては記録する値の無いものだったかも知れません。

 

 

 

円山公園お昼時

円山公園定例探鳥会中止のお知らせで・・

数年前に訪れた円山公園フィールドでのお昼時を思い出して画像アップします。

若いママさん達と思われるグループがシートを敷いてお昼時でした。そこに数羽の雛たちを連れたマガモのママがお昼にやってきました。それに気が付いて意外な表情で見守る若いママさん達の表情が楽しかったので写しました。これって肖像権に引っかかるのでしょうか。訴えられたら「お許しください」と平謝りで通します。横の池にカワセミが来ていました。飛び込みました。お昼は獲れたのか?いいえ失敗でした。此処は諦めて河岸を代えようと飛び去るカワセミでした。

 

7月円山公園定例探鳥中止です。

7月の円山公園定例探鳥会は中止です。

定刻をすぎても、どなたもお見えになりませんでした。

この季節の花々が・・・

ひっそりと咲いていました。

そして、今年もゼフィルスが・・・

華麗な姿を現わして・・・

優雅に舞っていました。

7月9日の大野池

1ヶ月振りに北大構内の大野池に行ってみました。近づくと大野池脇の道路に人だかりが有りました。直前に、道路から反対側(画面の右側)の小川から7羽の雛を連れたオシドリが道路を横断してきたという事でした。

道路を横断してきたファミリーとその光景を見た人たちを大野池側から写したものです。下側の階段付近に大きくなった雛たちが居ますが分かるでしょうか。

大きくなった雛たちが、6月11日に現れた10羽の雛たちかは分かりません。今年は4家族か5家族が現れたのではないかという人もいらっしゃいました。

大野池のスイレンが奇麗に咲いていました。