*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

春分の日(お彼岸)でっす

3月10日投稿、うすちゃんカンパニーさんの「わしの季節」。北海道の早春、氷が薄くなって魚が水面近くに動き出す頃のワシたちの嬉しそうな飛翔を楽しませて貰いました。札幌市の公園、モエレ沼にもワシが姿を現していると思います。今日からモエレ沼の施設も使えるそうですが、遊歩道の除雪がどうなっているのか分かりません。

3月19日5:30am頃の撮影と注のあるmoncyuさん投稿「クマゲラのモグモグタイム撮れちゃいました」、なかなかお会いできないクマゲラが舌を使ってのお食事でした。インターネット検索で「キツツキの舌」と入れたら、キツツキの長い舌の根元は鼻の後ろ位に有って舌は頭の上部を通って後頭部から伸びていると知りました。すげー、もしかすると木を叩く振動は舌が吸収して脳を守っている?と想像を広げました。

墓参りはしないで、仏壇にお線香をあげてから中島公園へゆきました。公園に札幌で越冬したと思われるダイサギが姿を見せたという、公園情報サイトを見て、幾つかあるポイントを巡ってきました。上の写真の場面に来ることが良くあります。豊平川から引く水に交じってウグイなどが池に入って来るポイントです。遊覧ボートも底がつかえる浅瀬なので魚を捉えやすいのだと思います。ここにダイサギが居るという期待は肩透かしでした。

マガモが日向ぼっこしていました。春まで頑張って枝に付いていたアカナラの葉が、いよいよ枝から離れて雪に立って居ました。ど根性葉っぱです。バードウオッチングならぬヒューマンウオッチングです。このお方にとってお気に入りのベンチでお気に入りの本を読む素敵な祝日なのだろうと思いました。

 

 

クマゲラのモグモグタイム撮れちゃいました!

ワシの季節

ようやく、寒さもやわらいで参りましたが・・・

この冬、ワシとの出会いにめぐまれました。

まずは、オオワシです。

成鳥飛んだ-!

若鳥も飛んだ-!

凜とした雄姿です。

そして、オジロワシも・・・

成鳥飛んだ-!

若鳥も飛んだ-!

こちらも・・・凜とした雄姿です。

 

Web版カッコウ 2022年3・4月号

支部報カッコウの最新版、2022年3・4月号です。
今号の特集記事は、「羽標本迷走記」
野鳥好きの人なら、道端に落ちているきれいな羽を一度くらい拾ったことがあるでしょう?
羽収集の沼にハマりかけている人必見です!!?

カッコウ 2022年3・4月号

カッコウ 2022年3・4月号

Web版カッコウは、紙版カッコウ発行月の1日に更新されますが、支部会員限定のためユーザー名とパスワードが必要になります。
なお、ユーザー名とパスワードは、郵送されてくる紙版カッコウに載ってます。

入会希望者は、 入会案内 のページを見てね。

2月25日札幌駅北口近く

今日も所用で札幌駅北口近くへ出かけました。上空に札幌にも普通に見かけられるようになったオオセグロカモメが3羽飛んでいました。高層ビル屋上や立体駐車場に巣を掛けられる状況をウオッチングしていると思います。早速その画像を撮った心算ですが、カメラを取り出して写した鳥は3羽のカモメでは無くて1羽のアオサギのような気もします。最近はアオサギやダイサギが冬の札幌に姿を見せるのが珍しくなくなっています。歩道の雪の壁に描かれた模様です。雪国の観光地や都会の中心部によく見かけられる歩行者の遊びのようです。このほかには体を雪壁に押し付けた跡とか文字とかが有りますがそれは観光客の遊びかもしれません。コロナが収まって楽しいメッセージなどが記されることを願っています。

 

 

ン?街中でアカゲラがドラミング?!

JRも止まる大雪の天皇誕生日祝日2月23日、所用で街中へ出かけました。流石に中心部の歩道はロードヒーティングされていて快適です(札幌駅北口付近)。

と、私にはアカゲラのドラミングが聞こえてきました。え?どの街路樹からと辺りを見回したら・・・・・

電線にとまったカラスがトトトトトと樹の幹を叩くような声で鳴いていました。喉を詰めて発声すると人間でも似た音が出せますが、このカラスには及びません。

 

2022年3月の探鳥会はすべて中止になりました

新型コロナウイルスの感染拡大により、3月の探鳥会は、中止とさせていただきます。

中止となる3月の行事

  • 3月6日(日)西岡水源池定例探鳥会
  • 3月13日(日)円山公園定例探鳥会
  • 3月21日(月・祝) ウトナイ湖探鳥会

4月以降の探鳥会については、その都度ホームページでお知らせいたします。

なお、1月9日(日)開催予定だった、円山公園定例探鳥会が急遽中止になった際、支部内の連絡不手際によりホームページへの掲載が出来ませんでした。
ホームページを見てから探鳥会へ出かけられた方もいらっしゃったかも知れません。大変申し訳ありませんでした。幹事会でも話し合い、中止の決定方法とホームページへの掲載手順なども取り決めましたので、今後このようなことがないように気をつけていきたいと思います。

日本野鳥の会札幌支部

2月6日西岡水源池定例探鳥会(残念ながら中止)

毎月第一日曜日は西岡水源池定例探鳥会ですが新型コロナウィルス感染拡大中のため中止となりました。
早めに支部HPなどで探鳥会中止のお知らせをしていたため、会員の方が知らずに来ることはありませんでした。良かったです。

西岡公園管理事務所

西岡公園管理事務所入り口前

また、昨夜から降り続いた雪で札幌は大雪警報が発令されました。
公園管理事務所も大雪に埋もれたようなたたずまいです。

雪に埋もれた管理事務所?

雪に埋もれた管理事務所?

降雪量も24時間で60センチ。この冬一番の量でした。
この厳しい雪の中、水源地通りに植えられているナナカマドの赤い実を食べに沢山の鳥たちが訪れていました。

ナナカマドの実に集まった鳥たち

ナナカマドの実に集まった鳥たち

ツグミ、ムクドリ、ヒヨドリなどです。

ツグミとナナカマドの赤い実

ツグミとナナカマドの赤い実

ムクドリ

ムクドリ

いつもの年ですとレンジャク類やギンザンマシコなどもここを訪れるのですが今年は姿をまったく確認出来ませんでした。

文字通りの思い出写真

近くに寄っても「そこに居る」と言われなければ分からない雛や巣の状態にヒバリもあるでしょう。畑に接する農家の庭にヒバリの巣が有りました。とても興味を惹く場所だったので庭に入れて貰って写しましたが、フィルムもキャビネ判(現在の2L判に相当)のプリントも無くしていました。文字通り思い出・・という所以です。

草地の庭には3メートル程の鎖に繋がれた元気な犬がいました。行動半径は土がむき出しになった半円形の場所ですが、その先2m程離れた草地にヒバリの巣が有る状態です。

そこに巣を構えたヒバリ夫婦の決断を想像しました。「この犬は気が良さそうだね。その上に鎖に繋がれているから安全だしキツネからも守ってくれそう」「ここにしよう」こんな具合だったでしょうか。

巣には雛が生まれていましたが形もはっきりしない巣を手前にして、用心棒然とした犬と農家を背景に腹ばいになって写した写真でした。ご覧に入れられないのが残念です。