*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

Web版カッコウ 2023年1・2月号

新年あけましておめでとうございます。
会員のみなさま、いつもご投稿ありがとうございます。今年も紙版には載っていない、写真や野鳥情報など、たくさん掲載していきます。
Web版は、読者のみなさまとの双方向のコミュニケーションツールともなっております。探鳥会で聞きたかった質問や、近所で見た野鳥情報などお待ちしております。気軽にご投稿ください。

日本野鳥の会札幌支部の支部報カッコウWeb版は会員限定で、奇数月の1日が最新版公開日となっております。

20230101カッコウWeb版

20230101カッコウWeb版

Web版カッコウは、支部会員限定のためユーザー名とパスワードが必要になります。
なお、ユーザー名とパスワードは、郵送されてくる紙版カッコウに載っています。

入会希望者は、 入会案内 のページを見てね。

新年のご挨拶

日本野鳥の会札幌支部 支部長 猿子正彦

明けましておめでとうございます。

昨年は新型コロナの感染拡大を防ぐため5月まで中止を余儀なくされていた探鳥会を、6月5日西岡水源池早朝探鳥会と西岡水源池定例探鳥会の2つから再開することができました。この日以降は会員限定ながらも引き続き実施できていることをとても有り難く思っています。

水面を飛ぶカワセミ、梢で歌うオオルリやキビタキ、笹やぶではウグイスの歌声を会員の皆様とともにようやく聞くことができました。5月の萌えるような新緑の中での探鳥会とはなりませんでしたが、6月の深緑の爽やかな森の空気をいっぱいに吸い込んで31種もの野鳥たちと出会うことができました。その後も、会員限定ではありますが滞りなく探鳥会を行うことが出来ています。

今年の干支は「癸卯(みずのとう)」です。「卯(う)」は穏やかな「うさぎ」の様子から安全と温和、さらには跳ね上がる、と言う意味があるそうです。新型コロナが収束し、安全でどなたも心配なく探鳥会に参加できる年となるように願っております。

今年一年の皆様のご健康とご多幸を心からお祈りしております。

北大構内クリスマス初心者探鳥会

年末恒例の、北大構内クリスマス初心者探鳥会です。

会員の、Ⅰさん、Mさんから素敵な映像が届きました。

当日は、かなりの積雪でした。クラーク先生もこの通り。(Ⅰさん)

まずは、開始の挨拶です。(Ⅰさん)

スタート早々、シラカバの梢にカワラヒワの群れ!(Mさん)

なるほどー!(Mさん)

こんどは、ツグミ登場!(Ⅰさん)

さらに、ゴジュウカラも登場!(Mさん)

みなさん、ご堪能です。(Ⅰさん)

ポプラ並木は、しっとりとした静かな冬の風情でした。(Mさん)

撮影は、会員のⅠさん、Mさんです。

2022年12月25日 北大構内

  • マガモ
  • トビ
  • ハイタカ
  • オオタカ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • ツグミ
  • スズメ
  • カワラヒワ
  • ウソ
  • シメ
  • 合計:19種
  • 天気:曇り
  • 地域メッシュ:6441-424

年末年始のお知らせ

今年ももうすぐ終わりです。新型コロナの影響で、探鳥会は会員限定ばかりでしたが、来年こそは、会員の方以外にも多くの方々に参加していただけるように願っています。
さて、事務局から年末年始のお休みのお知らせです。
2022年12月27日から2023年1月5日まで、休日になります。
初仕事は1月6日(金)です。
来年もよろしくお願いいたします。

12月、円山公園定例探鳥会

12月11日、円山公園定例探鳥会です。

会員のMさんから素敵な映像が届きました。

まずは、探鳥会開催の挨拶です。

開始早々マヒワと・・・

アカゲラが登場!

みなさん、熱心に観察しました。

園内のあちこちには、来園者手作りの楽しい雪像がありました。

撮影は、会員のMさんです。

2022年12月11日 円山公園

  • マガモ
  • ハイタカ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • カケス
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • キレンジャク
  • ヒレンジャク
  • ゴジュウカラ
  • ミソサザイ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • シメ
  • 合計:19種
  • 天気:曇り
  • 地域メッシュ:6441-424

エゾリス撮り日和

北大構内のエゾリスです。今の時期は鳥より撮りやすいのでタイトルにしました。

12月5日(月)午前8時ころ。北大構内南門近くでした。

 

 

 

2022.12月 西岡水源池定例探鳥会

気温は下がりましたが雪景色と青空の元、2グループに分かれて出発。
池はほぼ結氷状態、我グループは反時計周りにの園路を選択。わずかに東屋脇の開けた湖面に水鳥を遠目に確認。まあ近づいてからゆっくり観察しましょう。
ハリギリの実にヒヨドリのシルエット、今日はハリギリの実に寄るたくさんの鳥を観察できました。
「アカゲラいる!」の声に目を向ける先さらに大きな黒い方、オスのクマゲラでありました。

この後のクマゲラ何とハリギリの実を食いだし驚きました。まさかハリギリの実を食べるとは! じつはオオアカゲラが先にその実に寄っていたのですがそれを追いやり、ハリギリの実をむさぼるクマゲラであります。

別角度からH.Kさん撮影 細い枝なのに尾羽をうまいこと使ってます。

追いやられたオオアカゲラは別の枝で激しく採餌。
クマゲラが居続けてくれるので別グループに電話連絡、急ぎ駆けつけてくれ何とか間に合っていがったあ!
コゲラも現れ、一つどころでキツツキ4種を観察できるという幸せ。下の写真参加者視線バラバラなのはお目当のキツツキが違うからなのです。

池の開いた湖面に20ほどのマガモと4羽のコガモ。いつも警戒心の強いコガモを近くで観察できラッキー、コガモは♂2♀2で元の顔立ちに戻りかけの♂であります。

不意に今日のような幸運が訪れるからバードウォッチングやめられないかもの1日でした。
参加者24名+スタッフ5名、おつかれさまでした。

2022年12月4日 西岡水源池定例探鳥会

  • マガモ
  • コガモ
  • コゲラ
  • オオアカゲラ
  • アカゲラ
  • クマゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • スズメ
  • ウソ
  • 合計:17種
  • 天気:晴れ
  • 地域メッシュ:6441-333

アズキナシとヒレンジャク

小雨の西岡水源池を歩くと、湿原木道で30ほどヒレンジャクの集まったりバラけたりを観察できました。その後も歩く先々お付き合いいただき、今年なりの良いアズキナシの実に寄る姿を観察できました。キレンジャクもちらほら混じりの良い一日に感謝です。

11月23日風力発電問題シンポジュウムが開催されます

私たちの住む北海道に3000基もの発電用風車が建設予定です。

発電用風車周辺では人的な被害や野鳥への被害(バードストライク、営巣地の放棄など)も多く発生しており、その必要性も疑問視されている現状です。

今回は多くの専門家の方々により、その問題点について講演していただけます。

・日時 11月23日(水・祝日)13:20~16:40(開場:13:00)

・場所 札幌エルプラザ4階大研修室

住所 札幌市北区北8条西3丁目

 

11月23日北海道風力発電問題シンポジュウムチラシ1

11月23日北海道風力発電問題シンポジュウム 講演内容