*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

7月29日の大野池

暫くぶりに北大構内大野池で遊びました。ハンゴンソウが池岸に並ぶエリアが有って、池のスイレンと共に華やかな雰囲気を振りまいていました。

ハンゴンソウの花の蜜は昆虫たちに人気があるそうで、ハチの仲間や蝶(これはヒョウモンチョウでしょうか)が蜜を吸いにやってきていました。

オオルシボシヤンマが2匹(頭?)池面をパトロールしていましたが、今の時期はイトトンボの仲間が多いようでした。

ルリイトトンボ?かも知れません。

 

ルリイトトンボ?の♂同志がけん制し合っているように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

停まっている♀は♂を待っていたように見えますが、このカップルは成立しませんでした。

 

 

 

 

 

このカップルは交渉成立のですね。

 

 

 

 

大野池の人気者オシドリファミリーが構内の水路からやってきました。この雛たちはは7月18日に中央ローン近くの木立ちから出たのではないかと言われていて、今年の3番目の構内デビューといいます。

右脚のリングは5年前に北大構内で取り付けられたと聞いています。このリングの目印で、リカコちゃんと名がつけられているそうで、円山公園と北大構内での繁殖が分かって居ると聞いています。

余談ですが、今年の円山公園のオシドリの繁殖は無かったそうで、リカコちゃんが今年は北大構内を選んだ理由は、北大構内の方が人々の対応が落ち着けるしカラスの攻撃に安全度が増すと考えたかも知れません。

7・8年前までは円山公園、中島公園、北大構内でマガモが繁殖していましたが、この数年はマガモの繁殖が有りません(有ったのかもしれませんが私はその情報を持っていません)。マガモに代わってオシドリが・・という印象ですが、何故なのだろうという小さな疑問を持っています。

大野池の脇を流れる小川は彼らの寛げる場所の一つの様です。この家族は今年2番目に現れた一家だそうです。円山、中島、公園や北大構内のオシドリんの密な観察者されている方からの情報です。そうすると次に今年の1番目の雛たちが気になりますね。

同じ場所で寛いでいる3羽のオシドリです。3羽連れだっているので、これは私の独断ですが今年6月に入ってすぐに現れた3羽の雛たちが大きくなった姿かなと思ています。

 

7月1日2:00pm 北大構内大野池

石狩浜の伸びやかな探鳥に対して、都心のちょこっとした風景です。

北大構内大野池。七月に入ってからマガモの雛が出た事もあったけれど、今年の大野池ではオシドリ一組の雛なのか?スイレンの花がポツポツと開き始めました。間もなく池一面を華やかに彩る事でしょう。池にカエルの姿を見る事がありますが、今回はウシガエルが居たという情報もありました。

今日も一日無事に過ごせそうです。

岸辺で憩うオシドリ親子です。三羽の雛たちも大きく元気に育っているようです。

 

 

 

 

 

 

 

と、向こう岸に動くものが!小さなエゾリスでした。中央の木の上あたりに居ます。拡大します。このあと樹から降りたエゾリスは盛んに地面を掘っていました。

大野池情報でした。

 

 

6月19日中島公園のオシドリ

雛を連れたオシドリが二組居ました。この他に居るかどうかの情報は得られませんでした。その内の一組、六羽の雛を連れたオシドリです。いま盛りのキショウブと絡めて彼らの様子をパチリ。岸に上がって来園者と交流?

雛を連れたオシドリの人気は衰えません。そういえば、毎年現れていたマガモの雛は今年もまだ見る事が有りません。その年によって自然界は微妙に変わるようです。

6月17日北大構内オシドリ情報

大野池に通ずるサクシュコトニ川にオシドリファミリーが居ました。そこへカラスが2羽(上から一つ二つの赤丸)来ました。三つ目の赤丸には三羽の雛を連れたオシドリ母さんが居ます。

それぞれの思惑は想像できますが、事無く時が過ぎて行きました。

この後に新しいオシドリファミリーの出現は有るのでしょうか。

 

6月10日 北大構内のオシドリたち

オシドリの♀が美味しそうに食事中を♂が周りを警戒している様子です。これから産卵する事を想像させる風景でした。大野池へ行きました。倒木で昼寝を楽しむオシドリカップルです。目を閉じたり開けたりを繰り返していますが、♂♀同時に目を閉じるのを待って写しました。三羽の雛を連れたオシドリです。先日の四羽のファミリーでしょうね。ここまで雛が大きくなると、もう大丈夫の様です。昨年より雛たちが現れる時期が襲いそうなので、これから何組かのオシドリファミリーがお目見えできそうです。

6月5日(日)の北大構内大野池

大野池に接する構内の主幹道路沿いには今日も北大祭りの屋台が賑やかでした。

昨日に続いて、大野池へ出向きました。広い構内にオシドリの雛たちが出た(お化けでもないのに出たというのも変ですが)という情報なので、大野池に現れて不思議ではありませんが昨日は見つかりませんでしたが・・・・。やっぱり居ました。4羽の雛がみつかりました。昨日の朝には6羽の雛だったそうなので、雛の数が減った同じ家族の様です。もう一つがいの巣も有るそうなので、近日中に今度は10羽前後が現れて欲しいものです。6月1日頃にどこからか現れたファミリーらしいという情報です。

元気に大野池を泳いでいます。向こうに見えるテントが北大祭のテントの一部です。雛たちを連れたオシドリは頻繁に居場所を変えるようで、隣を流れる川へ渡る為に遊歩道を横断する様子です。人道や車道を横断する様子は人気の場面の一つです。親が遊歩道横断を誘うのですが雛たちがついてきません。親は横断を諦めて池へ戻りましたが、その後行くへが分からなくなりました。別のルートで移動したようです。

今度は別のオシドリカップルの様子です。大野池底の虫か魚か分からないものを食べていたオシドリのメスが陸に上がりました。オスもそれに従いました。雌の食欲は「夢中」の領域で草むらに身を没するように草を食べていました。オスはそれを守るかのように草も食べずに傍に付き添っていました。メスはこれから10個前後の卵を産む為にはたくさん食べないと目的を達する事が出来ないのは想像に難くありません。元気な赤ちゃんたちを産んでくれるのを期待します。

 

 

6月4日(土)の北大構内大野池

午前11時に大野池へ行きました。上空をカラスが飛んでいました。大野池の横では賑やかに屋台が開いていました。北大祭だそうです。アカデミックな展示は野暮ったいのでしょうね。外国の民族衣装で客を呼び込む賑やかな屋台もあってお祭りの雰囲気でした。このお祭りが終わったら今年もオシドリが雛たちを連れて大野池へ現れるのでしょうか。

 

 

バードストライク除け?カラス除け?

5月22日、植物園で遊びました。高山植物エリアから鷹を思わせる凧がゆらゆら揺れているのに気が付きました。この写真では全く分かりませんね。上部の一寸明るい点状がそれなので拡大してみます。この凧のようなものが風に揺れていたのです。ガラス窓に衝突する小鳥などの事故を防ぐバードセーバーの一種なのか、植物園に多いカラス除けが狙いなのか・・・・。

植物園なので、変わった名の木を見つけました。ハンカチの木と言います「春、大きなクリーム色の苞(ほう)に包まれて球形の頭花をつける。この苞をハンカチーフに見立てた名」だそうです。今日は専属モデルさんの協力でパチリ。でも光の加減でハンカチの木の特徴が減じられて残念です。苞に光が当たるのを待つ事が出来ませんでした。

5月7日の中島公園

オシドリが昼寝?してました。水辺で立ったまま時々2・3秒目を閉じてからぱっちりと開きます。この繰り返しですが、あずましいんでしょうかね。

お目当てのアオサギやダイサギも居ないし、帰ろかなと思った午後2時半頃、アオサギがやってきました。

公園でのエサ取りは人の動きや様子を見ながら上手にこなしているようです。いわゆる人馴れしているという事でしょうか。

来園者たちも、アオサギの様子を楽しんでいるようです。

サクラの花はまだ咲いているのもあって、様々な角度から写真で楽しまれる人々の様子も楽しいものでした。

 

4月22日の中島公園で

午前10:00頃に公園の様子を知りたくて出かけました。何時もの専属モデルさんには今日の同伴を断わられたので、単独探鳥会です。公園散歩の人に目星をつけて情報を貰います。情報を要約するとダイサギが一羽朝早くに来ていたそうですが、今は居なくてアオサギが居ました。朝には2羽だったそうです。

早速目の前で魚を獲りました。

今の時期に公園に来るアオサギは動きが多くて、楽しいです。

 

 

公園に来るアオサギは近くに人が居ても、郊外のアオサギ程人を恐れません。郊外では信じられない10メートルほどの距離で飛ぶ姿を写し撮ることが出来ました。カメラのオートフォーカス機能の助けが要りますがね。アオサギは一度魚を獲るとすぐ河岸を代えていましたが、これはアオサギの習性なのどうか分かりません。

 

今度は遊歩道の反対側で狙っています。

 

 

 

 

飛び込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岸辺に戻って・・・・・

 

 

 

 

 

4月末開園の日本庭園へ移動しました。これは遊歩道から樹々の間を透かして撮って居ます。

 

 

 

 

無人の庭園を散歩と洒落こみます。又菖蒲池へ戻ってきました。オシドリも居ます。今度は泳いで河岸を変えます。ここは浅い場所ですが、どう見ても泳いでいるようにしか見えませんでした。

渡った岸には来園者たちが居ました。

来園者がスマホを出したらポーズをとる様な姿勢をしたのが可笑しかったですが、これは警戒の姿勢だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

サクラが開き始めた中島公園で、一羽のアオサギ君に密着させてもらって午後3:00頃公園を後にしました。