*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

何気ない日常の風景の中に・・」

2021・5・3日のmoncyuさんの投稿に触発されて、書き込みします。

鉄塔にとまるオジロワシにちょっかいをかけるカラスの群れです。泰然とするオジロワシに諦めて退散するカラスたちの様子でした。

一方のこちら、日常に偶然出会った4月24日の中島公園のダイサギの様子は、もしかすると貴重な記録の一つかも知れません。

ダイサギが水浴びをはじめました。5・6人の来園者たちの目の前です。

水浴びは埃や寄生虫などを取り除いて、羽を整える作業と言われているようです。

来園者の前(10メートル位)での動作ですがこれは彼らの日常の行動でしょう。

ダイサギの周りの水面には白い粉が浮いています。ハトやフクロウと同じようにサギの仲間には尾脂腺の発達が悪い代わりに粉めん羽という短い羽が生えていて、それが粉になって羽を保護しているそうです。

その粉が水面に広がっている様子が写りこんでいるので貴重な記録かな?と思ったわけでした。ダイサギの生態の一場面が都会の公園で近々に見られた事である種の興奮を覚えたものでした。

「ああすっきりした」と言う様子で飛び立つダイサギの画像です。

衝突

mashiさんがNHK札幌のほっとニュース北海道を見てね、とPRした建造物に衝突する野鳥のテレビでした。窓ガラスに衝突して歩道でもがく鳥のようすや、風車のブレードに叩き落される鷲の様子は衝撃的な映像でした。

支部長さんから、放送資料の提供を依頼されてadaも画像をNHKに数点送っていました。使われることは有りませんでしたがその中の一点をここでご披露します。2017年、然別温泉ホテルの展望喫茶室大型ガラスに鴨と思われる衝突痕です。鴨はガラスに映る湖上を飛んでいると思っていたでしょう。とんだ災難とダジャレはいけませんね。バードセイバーの貼り付けを提案してきましたが現在はどうなっている事でしょう。

野鳥で幸せになる人々が多い

野鳥で幸せになる人々が多い事は、野鳥の不幸を悲しむ人々も多い事を窺わせて、NHK室蘭放送局の今回の企画に札幌支部が蔭で協力したのが納得できます。支部長の依頼でadaも番組には有りませんが大急ぎで資料を放送局へ提供したものでした。

風車の羽根に鷲が当たるとイメージしていましたが、映し出された動画で良く分かりました。風車の回転がゆっくりなのでその空間へ鷲がゆっくり入った瞬間に風車の翼が鷲を袈裟懸けにする瞬間が記録されています。

風車で片羽を切り落とされたオオワシや交通事故で嘴がもぎ取られたオジロワシの顔はひょっとこに似て哀れさが倍加します。獣医師が「彼らを助けるすべが無い」もどかしさを口にしておられました。

都市公園に飛来する大型の水鳥で幸せを感ずる人々をご紹介します。中嶋公園菖蒲池のダイサギです。観察者の情報に依ると3羽のダイサギと1羽のアオサギがよく一緒に居るようです。

残念な5月の探鳥会も中止の中、中島公園に桜咲き・・・

  1. アオサギもお花見?

そのアオサギの佇まいをスマホする来園者。

 

 

 

 

 

オオセグロカモメ(だと思います)も池の鯉を満足しているようです。

池にはウグイ達も集合。

オシドリもダイサギと「今日は」

今日(四月二十四日)は3羽のダイサギと1羽のアオサギの訪問とか。そのうちの1羽が豊平館の前池の浅瀬に飛来。

公園に来る野鳥の多くは公園に来る人々の行動を知っているようで、あまり警戒心が感じられません。

はやく新型コロナの問題が収束しますように。

(more...)

5月探鳥会は・残念・中止ですが

大きくて分かりやすい白鷺が中島公園へ頻繁に姿をみせています。開園前の日本庭園で魚を獲っていました。

遊歩道から見えたのでラッキーと写しました。

公園のダイサギは来園者に知られていて、姿を写真に取り込むファンも多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の眠りから覚めた小魚を獲る様子は厳しい冬を乗り越えた喜びを感じさせます。

 

 

 

野鳥ファンの一角を占める野鳥を写す愛好家もダイサギの飛来を楽しんでいました。

どっちやねん

思わず関西風の突っ込みが入りそうな交通信号機。歩行者の進めと止まれが並んでみえる。タイトルの「どっちやねん」ですがここは特殊な交差点です。

創成川を挟んで対面する一方通行の国道が大通で東西の道路と変形で交差します。説明が難しいのですが、歩車分離信号で相反する信号が並ぶように見えるという「「どっちやねん」です。野や山や海の野鳥たちが都会に姿をみせるのを面白がって探しているときに、つい目に入ってしまった光景です。(だからどうねんという突っ込みは大歓迎です。)

 

鳥日和話題二つ

一つ。2021・4・9 鳥日和。moncyuさんの「ドラミング撮っちゃいました!」動画、アカゲラのドラミングです。改めて興味を覚えました。木を叩く速さは驚くべきものです。一秒間に数十回の速さで脳震盪も起こさずに硬い幹を叩いているようです。どなたかその速さを計測して下さる方はいらっしゃいませんか。

二つ。2021・1・8 鳥日和。「シマエナガ 郵便ポストで「おめでとう」画像です。お正月の大通郵便局のポストに雪の結晶イラストと共にシマエナガが描かれていました。会員のNさんの撮った情報をadaが紹介したものでした。

4月12日にたまたま通りかかって同じポストを見たら、桜の花のイラストと共にシマエナガが居ました。郵便局も鳥日和を愉しませてくれています。

 

 

中心的な活動、探鳥会が出来ない残念さ

新型コロナ菌で世界中が右往左往しつつ対策を練っています。

札幌支部も中心的な活動の探鳥会を開くことが出来ないで、とりあえず四月の探鳥会は中止するなど、コロナ禍が通り過ぎるのを待っています。そろそろコロナ禍が去ってもいい頃な・・というダジャレも白けます。

北区、五戸の森緑地公園ではアオサギが営巣に入っています。北海道ではアオサギの営巣地はアライグマなどが巣を荒らすので、困難になっているそうです。ここでも「過密」の状態と言われていますが、北海道アオサギ研究会に依ると、どっこい彼らは海岸の岩場に営巣するなどの知恵を働かせて頑張っているようです。

五戸の森緑地公園でアオサギを見に行ってきました。

 

 

 

残念な中止ではありますが大きくて分かりやすい探鳥も

「2021年4月の探鳥会は中止になりました
4月に実施を予定しておりました、
4月4日 西岡水源池定例探鳥会、4月11日 円山公園定例探鳥会、4月29日 北大構内初心者探鳥会は、中止いたします。

新型コロナおよびその変異株の感染拡大を受けて、札幌市も不要不急の外出はひかえることとなったため、残念ながら急遽中止を決定いたしました。
鳥を見るには良い季節になってきて、久しぶりの探鳥会を楽しみにしていた会員の方もいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。」

(日本野鳥の会札幌支部)

という事で、都会の真ん中の中島公園へ「分かりやすい探鳥」です。

仲がいいのか餌場が同じなのかダイサギとアオサギがならんでいました。

最近のこの公園ではアオサギとダイサギは毎日見られるそうですが、何時でも というわけではないようで、種々の小鳥が入れ代わり立ち代わり現れる札幌支部の探鳥会のようなわけにはいきません。その代わり分かりやすです。

アオサギが移動しながら公園を去って行きました。

ダイサギも公園を去って行きました。明日もまた姿を現してくれることでしょう。

♪さよなら三角 また来て四角 四角は豆腐 豆腐は白い 白いは・・・・(あとは忘れた・・・)

 

 

 

(再)3月、円山公園定例探鳥会は中止です

新型ウイルス繁殖も中止と行かないところが悩ましいです。鎮静化を待ちましょう。今日(3月16日)の中島公園です。

 

ヤマガラ鳴いて・・

 

 

 

ダイサギ(だろうと思います)立って・・

 

 

 

 

 

角度を変えて・・

 

 

 

 

 

近くに寄って・・

 

 

 

 

 

 

オトーサンも寄った・・

 

 

 

 

 

 

そろそろ行こか・・

 

 

 

 

優雅に飛んだ・・