*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

「狐と鶴のごちそう」異聞

イソップ童話「狐と鶴のごちそう」は、意地悪好きのに「ご馳走するからいらっしゃい」と招待し、やって来た鶴にわざと平たい皿に入れたスープを差し出す。鶴はクチバシが長いため飲めない。それを見ながら狐はおいしそうにスープを飲む。というお話です。

でも、異聞によると鶴は平たい皿のスープをおいしそうに飲んで帰っていった、というものです。ハチドリでなくてもヒヨドリも嘴の先から蜜を吸うことが出来るようです。鶴だって嘴は長いけれど出来ないことはない。合わせた嘴の隙間は舌で塞いで嘴の先をストローのようにスープに漬けて啜ることが出来るはず。皿のスープが少なくなったら嘴の側面を寝せてスープを吸い込む技もあるというものです。

嘴の側面から吸う(なめる)というのは、樹液を舐めるヒヨドリやゴジュウカラの様子からも合点が行きます。

童話では、意地悪された鶴が今度は狐を招待して壷に入れた肉を差し出して意趣返しをするというものですが、異聞によると狐は鶴の技に敬意を表してそれからは意地悪しなくなったというものです。

異聞による、狐の裏をかいた鶴の技をイラストにしてみました。笑ってください。img039

円山動物園雪景色2

シロクマ親子は元気いっぱいです。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はーい!こっちだよー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 よいしょ、よいしょ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

おそろいで、はいっ!ポーズ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

円山動物園雪景色1

雪解けシーズンの円山動物園です。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

ちかごろ、ずいぶん暖かいねー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほんと、ほんと!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いやいや、まだまだ、ぶるぶるー!さむいー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はーるよ、来い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

大通公園。あまーい早春の味わいⅡ

一日置いた4月1日、大通公園のサトウカエデに会ってきました。天候のせいか先日よりも多い樹液が出ていました。樹液の甘さは一昨日より淡くなったような気がしましたが、連れ合いの感想も「ほのかに甘い」というものでした。どちらにせよ甘い感想です。

DSC_0844味見は樹液を啜りにくるヒヨドリたちの来る合間をみてしたものでした。彼らは頻繁にくるかというと、そうでもなくてしばらく来ないこともあって、鳥たちはあちこちを巡り歩いて(飛んで)いるのかも知れません。

樹液を啜りにくるのはヒヨドリばかりではなくて、カラの仲間もやってきていました。ゴジュウカラは幹を上下しながら。コガラかヒガラか私には判断が付かないカラは枝を渡り歩いて樹液を舐めているように見えました。

でもやっぱりヒヨドリの情熱的な樹液への愛着には敵わないようでした。ヒヨドリなめるカラゴジュウガラ

 

モエレ沼の様子は

3月31日、モエレ沼の様子を見てきました。今年の大雪で、遊歩道の一部は雪で覆われていて除雪中でした。散歩の人たちに訊くとオジロワシは時々来ているようです。沼の氷が緩むと姿を見掛ける機会が多くなると思います。氷がなくなるとワシたちも移動して行くのが例年の様子です。

春の常連のお客アオサギも、開き始めた僅かな水面の魚影を睨んでいるようでした。

トビの鳴き声を楽しんでいたら、突然上空から輪唱のように白鳥の声が降ってきました。画像で数を数えたら62羽の北への旅立ちでした。

 

  雪の遊歩道除雪中62羽ハクチョウ北帰行

                                                                                 休むアオサギカモメとアオサギ

あまーい早春の味わい

そろそろカエデの樹液が滲み出る頃と見当をつけて、大通公園へ行って見ました。

街路樹のサトウカエデから「こ、これは甘い」やや粘り気のある樹液が幹に滲み出て筋になって流れ出ていました。糖度計で計ってみたい濃い甘さでした。ホットケーキに塗って食べるメープルシロップに遜色ないような気がしました。

甘味大好きなヒヨドリたちが入れ替わり立ち替わり樹液を舐めにやってきていました。私も早春の味わいをお相伴して、その様を写真に撮って貰いました。背景の高い建物は札幌市役所です。ヒヨドリ舐める甘い樹液

春の風吹く

雪解け進む春風に水浴びする。

お隣の駐車場は砂利敷きで、雪解けの水溜りがあちこちに出来ています。夏には草も生えて雀たちがよく来ています。我が家の2階の窓から彼らの水浴びの様子を楽しみました。写真には1羽ですが2羽のうちの1羽は神経質で、そっと開ける窓の音に逃げてしまいました。雀水浴び

 

でました でます

多くの野鳥愛好家に愛用されている「北海道野鳥図鑑」、2012年日本鳥類目録改訂7版の新しい分類にそって、新訂版が発売されました。
今回の改訂では、ウグイス科のくくりであった鳥たちが、ムシクイ科、センニュウ科、ヨシキリ科と分けられ、ツグミ科は再びヒタキ科に、ライチョウ科はキジ科にまとめられるなどなど。さらに属名、学名、英名の変更など、もう私の頭ではギブアップですが、最新版ではその種が、以前どこに属していたのかわかるように表記され、やさいしい心遣いがうかがえます。
img-326184143-0001
以降「あとがき」より抜粋。
種名そのものが変更となったものがあります。本書ではオオムシクイがその代表でしょう。これまではメボソムシクイの亜種でしたが、種に昇格しました。これに伴い、初夏の道内を「ジジロジジロ」と鳴きながら通過していくムシクイが、亜種コメボソムシクイか亜種オオムシクイかというナゾについても、ついに決着がつきました。

これは、スッキリ!

かわりまして、おなじみ山野と水辺のハンディ図鑑も、新しい鳥類目録に対応したものとして、4月に発売される予定だそうです。1冊630円。
EPSON MFP imageまあ、ムズカシイことは置いといて、雪には早くなくなってもらい、4月の鳥見を楽しみたいものです。上記書籍のお買い求めは、札幌支部からということで、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

札幌支部2013年度 新会員募集中

いつも札幌支部の活動へお力添え下さり有難うございます。
今、札幌支部では2013年度からの新会員を募集中!。友人、知人をご紹介いただければ入会案内などの資料を郵送致します。
皆様のご協力をよろしくお願い致します。
電話:011-613-7973
E-mail:cuckoo@sapporo-wbsj.org

3月24日手稲山口バッタ塚探鳥会

お天気も良く、お目当ての鳥たちも見られ楽しい鳥見ができた

一日でした。

まずはオジロワシ(成鳥)の優雅な飛翔。

オジロワシ

 

 

 

 

 

 

 

ですが計画中の風力発電用風車建設地の中を飛びながら

小樽方向にゆっくりと移動して行きました。(内山さん撮影)

次はカンムリカイツブリ(番い?)です。

 カンムリカイツブリ(番い?)

 

 

 

 

 

 

一羽は、すでに夏羽(左の個体)にかわっていました。

ノスリがあらわれて近くの電柱上に止まりました。

でもカラスに追われながら、私たちの頭上をこえて、

東に飛び去り移動していきました。(内山さん撮影)

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

アオサギが雪解け後の岸辺でのんびりと休んでいました。

アオサギ1

 

 

 

 

 

 

 

ほかにもカモ類がたくさん浮かんでいました。

ホオジロガモ、キンクロハジロ、コガモ(オス)

ホオジロガモ、キンクロハジロ、コガモ(オス)

 

 

 

 

 

 

 

・観察された鳥

1 カンムリカイツブリ 2 カイツブリ 3 ノスリ 4 ダイサギ

5 アオサギ 6 マガモ 7 オナガガモ 8 コガモ 9 ヒドリガモ

10 ホオジロガモ 11 キンクロハジロ 12 ウミアイサ

13 カワアイサ 14 カモメ 15 ウミネコ

16 オオセグロカモメ 17 ツグミ 18 オジロワシ 19 トビ

20 ハクセキレイ 21 ハシブトガラス 22 ハシボソガラス

                        以上 22種類

                        参加者 26名