*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

西岡水源池定例探鳥会 7月

暑からず寒からず、ハルゼミ合唱も収まり夏ゼミが鳴きだすまで、今日はチャンスの1日であります。2グループに分かれて出発。
DSC_5650
鉄橋下流部でキビタキが良く囀ってくれました。近くにはキビタキ♀も、オオルリ♂の姿も確認。ツツドリ、アオバトの声も聴こえます。
DSCN0191
月寒川にマガモの母さんと雛が9羽ほど、人間なら中学生くらいかな?
DSCN6459
池のえん堤では何とニホンマムシ、北海道で唯一の毒蛇じゃ!
DSC_5642
ハリオアマツバメを充分楽しんだ後湿原へ、あちこちのヤナギでアオジが良く囀り、奥のトドマツ林ではモズやイカルなども楽しめました。
DSCN0220
最後に現れてくれたヤマセミには、当然歓声が上がるというものであります。オシドリは番いでヒナも確認できました。
DSCN0244
参加者28名、おつかれさまでした。あらためて西岡水源池すばらしい!

2014年7月6日 西岡水源池

  • オシドリ
  • マガモ
  • キジバト
  • アオバト
  • アオサギ
  • ツツドリ
  • ハリオアマツバメ
  • オオセグロカモメ
  • トビ
  • ヤマセミ
  • コゲラ
  • モズ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ウグイス
  • ヤブサメ
  • センダイムシクイ
  • ゴジュウカラ
  • クロツグミ
  • キビタキ
  • オオルリ
  • イカル
  • アオジ

合計:28種天気:くもり

厚別川河畔林カッコウ探鳥会

おかげさま、申し分のない青空となりました。札幌支部カッコウ調査も兼ねた探鳥会です。 集合場所でもカッコウの声が聞こえ、期待に胸がふくらみます。まずはノビタキが♂♀で現れてくれ、何より草原の鳥は見つけやすくてありがたや。
DSC_4011
コヨシキリの囀りの傍らで、「ジョッピンかけたか」のエゾセンニュウ、オオヨシキリが「ギョギョシギョギョシ」攻めです。他にホオアカ、アリスイなどもいかったわあ。

コヨシキリ

コヨシキリ

カッコウは、飛翔する個体の他に囀るものも含め、3羽を確認できました。札幌支部のシンボルバード、年に一度は会いたいです。
DSCN6291
参加者29名。おつかれさまでした。強い日射しで、半袖歩きには上腕日焼けで、ヒリヒリ。

2014年6月22日 厚別川河畔林

  • マガモ
  • キジバト
  • カッコウ
  • オオセグロカモメ
  • トビ
  • アリスイ
  • モズ
  • ハシブトガラス
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エゾセンニュウ
  • オオヨシキリ
  • コヨシキリ
  • ムクドリ
  • コムクドリ
  • ノビタキ
  • スズメ
  • ハクセキレイ
  • カワラヒワ
  • ホオアカ
  • アオジ

合計:21種天気:晴れ

西岡水源池定例探鳥会 こちらは9:00スタート

気温も上がり、エゾハルゼミが鳴きだしました。個人的には早朝探鳥会からの連チャンで、スタート前からややヘロヘロですが、初夏らしいさわやかなバードウォッチング日和です。3つのグループに分かれて出発。
DSCN0460
さっそくのお出迎えは、ホオジロ。集合場所の隣家のアンテナで囀り、見やすい所にとまってくれありがとう。
DSC_3564
月寒川でキビタキ、オオルリなどを楽しんでいるところに、「カッコウ、カッコウ」の声。西岡でカッコウの声を聞けるのは少ないだけに得した気分。カワセミも早朝に続き現れてくれ、ありがたや。オシドリは、つがいで池を泳ぎ、他にアオサギ、ノスリ、センダイムシクイ、コサメビタキなどを楽しみました。
DSC_3507

ギンラン

ギンラン

参加者35名。じつはシンガポール人の方も参加してくれ(日本語じょうず)、おつかれさまでした。また来てね。

2014年6月1日 西岡水源池定例探鳥会

  • アオサギ
  • オシドリ
  • マガモ
  • トビ
  • ノスリ
  • キジバト
  • カッコウ
  • ツツドリ
  • ハリオアマツバメ
  • カワセミ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • ヒヨドリ
  • ヤブサメ
  • センダイムシクイ
  • キビタキ
  • オオルリ
  • コサメビタキ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ホオジロ
  • アオジ
  • カワラヒワ
  • ニュウナイスズメ
  • スズメ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • オオムシクイ

合計:30種

西岡水源池早朝探鳥会 5:00スタート

5:00前に集合された強者14名、皆さん眠そうなそぶりもありません。さすが。西岡の早朝は久々、10何年ぶりの開催でしょうか?エゾハルゼミがおとなしいうちに楽しもうというのも、早朝探鳥会の狙いです。ジジロジジロとオオムシクイに今年もお出迎えいただき嬉しや、1年ぶりの再会です。
DSCN0436
八つ橋付近で、アオジ、キビタキを観察していると、滝の上にひょっこり現れたオシドリ、更にそのそばにカワセミが現れて、いやいや忙しいわ。 DSC_3467
池に移動し、夏の楽しみハリオアマツバメの飛翔を楽しみました。カワセミは、見つけ上手なSさんが探し出してくれ、助かります。DSCN0192 
湿原ではツツドリ、アカハラ、アオバトなど、夏鳥勢揃いの感です。
7:00近くになるとエゾハルゼミが鳴きだしましたが、大したことはありませんでした。

新緑のカツラの葉と6月陽射しが心地良い

新緑のカツラの葉と6月陽射しが心地良い


さらにこの後9:00からの定例探鳥会に連チャンで参加された強者4名。自分なら家帰ってビール飲む。

2014年6月1日 西岡水源池早朝探鳥会

  • アオサギ
  • オシドリ
  • マガモ
  • トビ
  • キジバト
  • アオバト
  • ツツドリ
  • ハリオアマツバメ
  • カワセミ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • ヒヨドリ
  • アカハラ
  • ヤブサメ
  • センダイムシクイ
  • キビタキ
  • コサメビタキ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • アオジ
  • カワラヒワ
  • ニュウナイスズメ
  • スズメ
  • ハシブトガラス
  • オオムシクイ

合計:29種

西岡水源池定例探鳥会 5月

おかげさまで、5月初旬らしいバードウォッチング日和となりました。3つのグループに分かれて出発。まずはエゾヤマザクラの蜜目当てのメジロを観察。じつは、この前には大きなレンズ付カメラがたくさん並んでいます。
DSCN0130
この後、月寒川方面へ進み、キビタキ、アカハラ、ニュウナイスズメなど、待ちかねた夏鳥との出会いを久しぶりに楽しみました。

アカハラ

アカハラ

 

ニュウナイスズメ

ニュウナイスズメ

池でカワセミを観察後、ヤブサメ、ウグイス、センダイムシクイ、エゾムシクイと、旧ウグイス科含みの鳥たちが勢揃いであります。湿原のミズバショウはすっかり大きくなり、見頃を過ぎたもよう。
DSCN0133
湿原では、上空にアマツバメ。アオジ、クロツグミは良く囀り、アリスイの声も聴くことができました。今日の圧巻は、なんといってもミサゴであります。へへー、いいでしょ!
DSC_3181
水源池をお気に召したのか、何度も上空に現れてくれ、3つのグループ共全員確認できたのは良かった。皆さん大満足の心持ちです。

鳥合わせ風景
参加者49名。おつかれさまでした。今日はいがった。(写真は鳥合わせ風景)

2014年5月4日 西岡水源池定例探鳥会

  • カイツブリ
  • マガモ
  • トビ
  • キジバト
  • アマツバメ
  • カワセミ
  • アリスイ
  • アカゲラ
  • オオアカゲラ
  • コゲラ
  • ヒヨドリ
  • クロツグミ
  • アカハラ
  • ヤブサメ
  • ウグイス
  • エゾムシクイ
  • センダイムシクイ
  • キビタキ
  • エナガ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • メジロ
  • アオジ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • シメ
  • ニュウナイスズメ
  • スズメ
  • ハシブトガラス
  • ミサゴ

合計:34種

(おまけ)エゾヤマザクラ見頃でした(^^)v DSC_2829

西岡のカワセミ

西岡水源池 2014.04.25モモヒキ2枚履きでも鼻水が少し垂れるくらい西岡の朝は寒いのです。でも早起きした甲斐がありました。18日に池の氷が落ちてから1週間、やっとカワセミにお会いできました。写真は♀ですが♂も傍らにいます。今年も繁殖がうまくいきますように。

西岡水源池定例探鳥会 4月

札幌の積雪は数センチとなりましたが、西岡はまだ30~40センチはありそうです。池の氷も頑としたまま、落ちるまであと1週間以上かかるかな。
DSCN0066
 皆さん夏鳥との出会いに期待を寄せているのでしょうか、肌寒い日にもかかわらず、参加者は40名を超えました。。2グループに分かれて出発。
DSCN0069
ほどなく現れたコゲラ、キバシリ。この写真は両方写りこんでいる。キジバトの声も聴こえます。
DSC_2164
オオアカゲラが2羽ほど出てくれ、どちらも♀でした。お腹の緋色が綺麗です。
DSC_2181
水面を少し覗かせている池の上流部に、三つがいのマガモやハクセキレイなど。湿原木道はまだ雪に覆われ、無理せず安全なルートを選択しました。
DSCN0051
トドマツ林でヒガラ、キクイタダキなど。双眼鏡の訓練になります。
DSC_2293
「キクイタダキ、めんこかったねえ」と歩き出すと、雪面の開けた部分にルリビタキ。♂♀両方きれいな成鳥でした。ひどい写真で、お恥ずかしい。
DSC_2324
帰り道、猛禽に襲われたであろうキレンジャクの羽根が雪の上に散乱しています。先の黄色い尾羽と、赤いのは下尾筒だな。
DSCN0083
ワックスウイングも発見!
DSC_2333
参加者41名おつかれさまでした。なかなかいがった。これからワクワクする季節です。楽しみ!

2014年4月6日 西岡水源池定例探鳥会

  • アオサギ
  • マガモ
  • トビ
  • ノスリ
  • オオセグロカモメ
  • キジバト
  • オオアカゲラ
  • コゲラ
  • ハクセキレイ
  • ヒヨドリ
  • ミソサザイ
  • ルリビタキ
  • キクイタダキ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • カワラヒワ
  • ウソ
  • シメ
  • スズメ
  • カケス
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス

合計:26種

西岡水源池定例探鳥会 3月

集合時間前、ベニヒワ♀にお出迎えいただきました。今冬のベニヒワ当たり年は、あたりというわけです。
DSC_3084
探鳥会としては申し分のない青空です。集合時の支部長お話では、「庭にくる野鳥調査3月7日までです」のお願いもあり、改めましてヨロシク。
DSCN9892
イタヤカエデの樹液を求めるヒヨドリ2羽を観察できました。この時期ならではの光景です。さぞかし甘いのでしょう。写真は管理事務所前のヨーロッカエデのヒヨドりです。
DSC_3219
芝生広場のバッコヤナギの芽、キラキラ輝く。
DSC_3118
カラ類は囀り、アカゲラも♂♂♀で樹々を飛び交い、さすが3月恋の季節というやつでしょうか?うらやましい。
DSC_3122
鳥合わせ終了後、また現れてくれたベニヒワ♀。めんこいわあ!
DSC_3098
参加者20名、おつかれさまでした。雪目になるわ。

2014年3月2日 西岡水源池定例探鳥会

  • トビ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • ヒヨドリ
  • ツグミ
  • エナガ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ベニヒワ
  • ウソ
  • スズメ
  • カケス
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス

合計:18種

かよっていれば

細かな雪の降る西岡水源池。月寒川でアオシギをお見かけしました。すぐに飛び去ってしまい残念でしたが、厳寒期ならではの嬉しい時間でありました。よっしゃあ。
DSC_3012

西岡水源池定例探鳥会 2月

西岡の朝は、なまら寒い。月寒川に立ち込める川霧が樹々の枝を凍てつかせます。(八つ橋付近から7:30頃)
DSCN9805
管理事務所前にて集合時間中、マヒワ、ツグミ、ウソなどが出てくれましたが、今日は札幌国際スキーマラソンのため、遊歩道にもスノーモービルが行き交い、やかましいのです。湿原で数羽のツグミの中にハチジョウツグミを発見。久しぶりい。
DSCN9810
芝生広場では、カラ類に混じりエナガが数羽。エナガはいつも人気者。
DSC_2435
ヒヨドリがツルウメモドキの実をついばんでいたり、オジロワシが上空を横切ったり、キバシリ、ベニヒワなども観察。スキーマラソン後のコースも歩かせてもらいました。幅広道でいつもこんなだといいんですけどね。
DSCN9814
参加者24名。おつかれさまでした。 本日、湿原木道の雪を踏み外し、木道から転落された方がいました。じつはそれ、恥ずかしながら私なのさ。皆さんもお気をつけください。

2014年2月2日 西岡水源池定例探鳥会

  • マガモ
  • オジロワシ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • ヒヨドリ
  • ツグミ
  • エナガ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • マヒワ
  • ベニヒワ
  • ウソ
  • シメ
  • スズメ
  • ハシブトガラス

合計:19種