*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

西岡水源池定例探鳥会 8月

夏セミの鳴き声全開、鼓膜破れそうな勢いで、ちょっと不安です。
2つのグループに分かれて歩きました。DSCN5829

 西岡もご多分に漏れず、カシワマイマイの大発生。マイマイガは漢字をあてると舞々蛾で、カタツムリのマイマイとは関係ないそうです。

カシワマイマイ

カシワマイマイ

コエゾゼミとエゾゼミ 。今日の主役はこの方々でした。鳥の囀りも一段落し、ただでさえ見つけづらいこの時期に、手加減なしで思い切り鳴かれては、もうこっちが泣きそう。

コエゾゼミ(左)とエゾゼミ

コエゾゼミ(左)とエゾゼミ

 そんなことより、鳥はどうなのさとなりますと、池には、ハリオアマツマメ、マガモやアオサギ、エクリプスのオシドリ♂かな?など、とにかくセミの声がひどくて(この言い訳ばかりなり)

オシドリ

オシドリ

 帰りがけ月寒川にかかる鉄橋から、キセキレイを観察。幼鳥でしょうか?
石と保護色でわかりづらい。

キセキレイ

キセキレイ

 双眼鏡、望遠鏡の出番の少ない探鳥会も、逆に珍しいのであります。
参加者24名、おつかれさまでした。鳥合わせもすぐ終わっちゃった。

2013年8月4日 西岡水源池定例探鳥会

  • アオサギ
  • オシドリ
  • マガモ
  • トビ
  • キジバト
  • ハリオアマツバメ
  • アカゲラ
  • オオアカゲラ
  • キセキレイ
  • ヒヨドリ
  • ヤマガラ
  • ゴジュウカラ
  • スズメ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス

合計:15種

帰路につこうと車に乗り込みましたところ、あら?なんか耳が変。同乗者も皆同じらしく、しばし鼓膜がジーンとした感じでした。恐るべし夏のセミ。
「難聴になった。保険きかないのか?」は、支部長の弁。

※その分楽しんだ西岡の花をお楽しみいただければ。

トモエソウ

トモエソウ

ハッカ

ハッカ

クサレダマ

クサレダマ

タチギボウシ

タチギボウシ

八紘学園花菖蒲園探鳥会

ありがたや花菖蒲観察日和となりました。ひなたはきびしい日射しですが、木陰は心地良い風が吹き抜けていきます。いつもはサラッと通過の鳥もじっくり観察。

ムクドリ

ムクドリ

ハシブトガラス、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、シジュウカラなど、そこここで幼鳥の行動が、なんとも微笑ましいのであります。
こちらは梢にいるホオアカの観察DSCN5670

朝のスイーツ、ヤマグワをちょいとつまみました。DSC_0006

ハリオアマツバメも登場してくれ、夏の北海道。

ハリオアマツバメ

ハリオアマツバメ

本日のお目当て、花菖蒲園鑑賞です。バックに青い空、白い雲、こりゃいいわ。DSC_0095

参加者22名。おつかれさまでした。皆さん解散後、農産直売所で新鮮野菜のお買い物や、ソフトクリームなどを楽しんでおられました。DSCN5673
初企画の探鳥会で、それなりに担当としましては気を揉みましたが、まあまあいかったんでないかい?自画自賛。

2013年7月15日 八紘学園花菖蒲園探鳥会

  • トビ
  • キジバト
  • ハリオアマツバメ
  • アカゲラ
  • ハクセキレイ
  • ヒヨドリ
  • センダイムシクイ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ホオアカ
  • アオジ
  • カワラヒワ
  • スズメ
  • コムクドリ
  • ムクドリ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス

合計:18種

西岡水源池定例探鳥会 7月

じっとしていても汗の吹き出すハードな探鳥会となりました。エゾハルゼミがまだ鳴いているのに夏のセミも鳴きだし、どうなっちゃっているんでしょ?集合場所でホオジロが出迎えてくれ、まずは良しと。DSCN5480

 7月の西岡と言えば、やはりハリオアマツバメ、10羽以上の群舞でしたが写真がねえ?全然伝わってこないよねえ!

ハリオアマツバメ

ハリオアマツバメ

アオサギは涼しげなところを選んでいるのでしょうか?キビタキ、アオジなどを楽しみ、珍しくウグイスのお姿もお見かけでき、ラッキー!

アオサギ

アオサギ

きれいな夏羽のカイツブリが、可愛いかった。ヤナギのタネが池に降り注ぎます。

カイツブリ

カイツブリ

カワセミ観察後、何故かあずまやに置き忘れられた1個のリュック、実はY支部長のものです。これは暑さのせいではなく、日常的な光景であります。

DSCN5488
参加者37名。みな無事に帰って来られて良かった。今日は早く帰ってシャワーに入って、しゃっこいビール!

2013年7月7日 西岡水源池定例探鳥会

  • カイツブリ
  • アオサギ
  • マガモ
  • トビ
  • キジバト
  • アオバト
  • ツツドリ
  • ハリオアマツバメ
  • カワセミ
  • クマゲラ
  • コゲラ
  • ハクセキレイ
  • ヒヨドリ
  • クロツグミ
  • ヤブサメ
  • ウグイス
  • センダイムシクイ
  • キビタキ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • メジロ
  • ホオジロ
  • アオジ
  • カワラヒワ
  • ニュウナイスズメ
  • スズメ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス

合計:30種

カッコウ7月号

三面記事中、編集長撮影による西岡公園管理事務所前でのクマゲラ写真です。羽毛に少し茶色い部分が見受けられます。ピントが合ってないのは、新しいカメラが悪いからだそうで、許してやってください。7日の西岡定例でも、その調子で頼むよ。6951_473930906024860_965709364_n

ついでに表紙写真のアオジです。DSCN1766

厚別川河畔林カッコウ探鳥会

札幌支部のカッコウ調査も兼ねた探鳥会です。なんたってカッコウ探鳥会ですから、主役のカッコウには頑張っていただかねば・・・。「初めて見ました」という参加者の方は、今日から晴れて札幌市民というわけです。

カッコウ

カッコウ

コヨシキリ、オオヨシキリが盛んに囀り、「今日はヨシキリ浴びの日でした」と上手いことおっしゃる参加者の方も。ウグイス科からヨシキリ科になりました。

コヨシキリ

コヨシキリ

川原の石と同化しているコチドリを見つけ出す人の目はどんなでしょう?写真にしてもわかりづらいのに、古いけど「ウォーリーを探せ」か?

コチドリ

コチドリ

他にアリスイ、ホオアカ、ノビタキなど草原の鳥を楽しみました。日陰がなく最後は暑かった。DSCN5330
参加者23名。おつかれさまでした。家に帰って頭に巻いてた手ぬぐい取ったら、日焼けしたデコが白いとこと、二色になってカッコ悪!

2013年6月16日 厚別川河畔林カッコウ探鳥会

  • アオサギ
  • マガモ
  • トビ
  • コチドリ
  • イソシギ
  • オオセグロカモメ
  • キジバト
  • カッコウ
  • アリスイ
  • ヒバリ
  • ハクセキレイ
  • ヒヨドリ
  • ノビタキ
  • コヨシキリ
  • オオヨシキリ
  • シジュウカラ
  • ホオアカ
  • アオジ
  • オオジュリン
  • カワラヒワ
  • シメ
  • スズメ
  • コムクドリ
  • ムクドリ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス

合計:26種

でたよ!

バードウォッチャーなら誰もが手にする「山野」と「水辺」ハンディ図鑑の改訂版(1冊630円税込) が発売されました。2012年に大きく変更になった「鳥類目録」の新しい分類にそった改訂版です。お買い求めの際は、ぜひ札幌支部か探鳥会からということで(ココ大事)、ヨロシク(^^)v
984265_466323566785594_1988708410_n

西岡水源池定例探鳥会 6月

春が遅かった分、芽吹きの移ろいをもう少し楽しみたかったのですが、ここ数日の陽気で一気に葉が茂った感の西岡。しかし、おかげさま今日は好天に恵まれ、3つのグループに分かれて池の周りを歩きました。
DSCN5279
夏の鳥は勢揃いです。ハリオアマツバメ、アオバト、オオルリ、キビタキなどを楽しみました。カワセミは交尾シーンも観察でき、顔を赤らめる純情?な参加者の方もいらっしゃいました。
DSCN4741
6月のご常連といえば、昨年から種に加わったオオムシクイ。御無事の旅を祈ります。
遊歩道脇に、ひっそりとフデリンドウ、踏んづけなくてよかった。
DSCN5281
つかれた時、ベンチに腰かけての観察は楽チンです。いや、ひなたは結構暑かったんですから。
DSCN5286 参加者37名で、おつかれさまでした。エゾハルゼミが鳴きだしましたが、邪魔されるほどではなく、ラッキー。今日は焼けたわ。

2013年6月2日 西岡水源池定例探鳥会

  • カイツブリ
  • アオサギ
  • マガモ
  • トビ
  • ハイタカ
  • キジバト
  • アオバト
  • ツツドリ
  • ハリオアマツバメ
  • カワセミ
  • ヤマゲラ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • ヒヨドリ
  • クロツグミ
  • ヤブサメ
  • ウグイス
  • センダイムシクイ
  • キビタキ
  • オオルリ
  • コサメビタキ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • ホオジロ
  • アオジ
  • カワラヒワ
  • イカル
  • ニュウナイスズメ
  • スズメ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • オオムシクイ

合計:35種

西岡水源池定例探鳥会 5月

曇りの予報が雨となりましたが、なんとか濡れない程度の雨でラッキー。3つのグループに分かれて歩きました。湿原木道から給水塔を望めるのはこの時期だけ、アカハラの囀りが響きます。
DSCN5104
池には珍しいお客さま、オオバンです。他にカワセミ、マガモ、コガモ、カイツブリなど。カイツブリは、今年うまく繁殖できるかな?
DSCN4572湿原では、アオジが囀り、キクイタダキの群れがヤナギの花をいそがしく移動していきました。今春確認情報の多いルリビタキも充分楽しみました。
DSC_9308ルリビタキ♀は、こんな所にも。 なんて真ん丸な目なのでしょうDSC_9282
ファンの人が多いザゼンソウ。 
DSC_9289
今日は、鳥合わせに時間がかかりました。 でも、皆さん笑顔でご帰宅です。
DSCN5117 参加者29名、おつかれさまでした。 あー、 いかった。

2013年5月5日 西岡水源池定例探鳥会

  • カイツブリ
  • アオサギ
  • マガモ
  • コガモ
  • キジバト
  • カワセミ
  • ヤマゲラ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • キセキレイ
  • ヒヨドリ
  • ルリビタキ
  • トラツグミ
  • アカハラ
  • ツグミ
  • ウグイス
  • センダイムシクイ
  • キクイタダキ
  • エナガ
  • ハシブトガラ
  • ヒガラ
  • ヤマガラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • メジロ
  • アオジ
  • カワラヒワ
  • ウソ
  • スズメ
  • ハシブトガラス
  • オオバン

合計:32種

西岡水源池 もうすぐ5月

皆さんにカワセミ情報をお伝えせねばと、モモヒキ2枚履きで挑みましたところ、さっそくヤマセミが出迎えてくれ、いかったべさ。池の氷は何とか落ちましたが、今年は遅かったですね。ヤマセミは証拠写真レベルで、残念。DSCN4375

対岸のヤマセミにカメラを向けますと、近くにカワセミ2羽が現れ「どっちにすんのさ?」と贅沢な選択。これはまいります。カワセミは、しきりに営巣用の巣穴をチエックしているように見受けられました。DSCN4468左が♀かな。

こんなシーンも撮影できましたが、紳士の私は気を遣い、横向いてましたから。うまく巣立ってくれるといいですね。
DSCN4437

西岡水源池定例探鳥会 なんぼなんでも

この天気ではね。3月に続き、4月も残念ながら中止といたしました。どんなに大雪や大雨でも、必ず2、3人の猛者が集合場所に現れるのですが、さすがに今日は、どなたもお見えになりませんでした。池の氷は、まだぶ厚く張っていますが、やや青みを帯びてきました。

DSCN4834池の水位は、通常より80センチほど高いと思われます。この雨と雪解け水の両方ですからね。
DSCN4829
それでも、ちらほらと春の雰囲気・・・ もうチョイ、もうチョイ。
DSCN4836