*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

抱卵をする昆虫―マルハナバチ

さっぽろ自然調査館 丹羽真一
エゾコマルハナバチ巣内

エゾコマルハナバチ巣内

北国の野山が一年でもっとも生き物たちで賑わう季節になりました。この時期、夏鳥が大忙しで子育てする傍らでは、花から花へと飛び回り、蜜や花粉を集めているマルハナバチの姿を観察できます。

マルハナは北方系の昆虫で、北海道では身近な生き物の一つです。海岸から高山、森林から草原、市街地まで分布しています。バードウォッチングのときに足元を飛ぶ姿を見ることも多いでしょう。

意外にも、マルハナには鳥との共通点がいろいろあります。第一に「飛ぶ」生き物であることです。敏捷性と力強さを兼ね備えたその飛翔力は、昆虫の中では群を抜いています。第二に、あまり知られていないことですが、高い体温を持っていることです。恒温性はありませんが、飛翔時の体温は35-40℃になり、低温環境でも活発に活動できます。第三に、これがもっとも重要な点ですが、巣を作ることです。「巣」を作る昆虫はたくさんいますが、子育てをするのは社会性昆虫と呼ばれる一握りの昆虫だけです。たくさんの幼虫を育てるため、1日に何度も巣と餌場を往復して蜜や花粉を集め、時には巣から数キロも離れた場所まで出かけることもあります。私はエゾコマルハナバチの巣を自宅で飼って観察したことがあり、働きバチが巣箱から次々と出入りする姿に感銘を受けましたが、小鳥よりもはるかに小さな脳で広い空間をどうやって把握できているのか本当に不思議でした。第四に、マルハナも抱卵をします。マルハナが営巣を始める5~6月は朝晩はまだ寒く、女王バチは卵や幼虫が入った初期巣と呼ばれる容器を抱きかかえるようにして暖め、発育を促します(このときも高い体温が役立つ)。ほかにも、高い学習能力や娘(新女王)によるヘルパー行動、托卵などの共通点を挙げられます。

鳥との関係は、直接的には「食う(鳥)-食われる(マルハナ)」関係です。モズはマルハナのはやにえを作ることが知られます。ただし、マルハナもいざというときには毒針で反撃するので、どの程度鳥に食べられているかは分かりません。一方で、マルハナが授粉して結実した液果を小鳥が食べるという形で、間接的なつながりを持っているといえます。

マルハナはおとなしいハチです。野鳥観察などで野山に出かけたときに、ついでにちょっとマルハナにも注意を払ってもらえれば幸いです。

支部報「カッコウ」2016年 6月号より

水の旅

黒松内町ブナセンター 環境教育指導員 立田栞那

私はこの1年、ブナセンターの職員として黒松内小学校の総合学習「ブナ里学習」に関わってきました。その中で「環境」というものを再認識する機会があったので、今回はそのことについて書いてみようと思います。

水の旅 イラスト

ブナ里学習では、3年生は北限のブナ林を構成する樹木、4年生は本流にダムのない朱太川の生き物、5年生は町の特産品であるもち米作り、6年生は100万年前に海の底にあった黒松内の大地の成り立ちや町の歴史というテーマをもとに、生き物同士のつながり、森・川・海・大地のつながりについて学びます。私は最初、米作りは他との関係性がないテーマではないかと思っていたのですが、森・川・海のつながりを学ぶための大切なテーマだったのです。

5年生の子どもたちは、実際に田んぼで米作りを体験します。そこで子どもたちに、田んぼに不可欠な水はどこから来て、どこへ行くのか聞くと、ほとんどの子が森→川→田→川→海→雲→雨→森と答えます。ですが、森から川へどのようにして水が流れていくのかを知っている子はほとんどいません。

その流れを確かめるために森へ行きます。子どもたちは腐葉土を観察することで、森の土が果たしている雨水を受け止めるスポンジとしての役割を知ります。それから沢を登り、森の土からしみ出す川への「最初の一滴」を見ることで、森から川への水の流れを実感します。

森から川、川から田に流れてきた水は、米を食べることで自分の体に入ります。今度は子どもたちに、自分の体を通った水はその後どこへ行くのか想像してもらいます。例えば、米→自分→下水処理場→朱太川→川魚→カワセミ→糞→ブナ林→アリ→クマゲラ→糞→ブナ林→朱太川→田→米と、巡り巡ってまた自分の食べる米に戻ってくる水の旅も想像できます。子どもたちはこうして、森や川などの環境と自分たちの体が、水を介してつながっていることに気付くのです。

ブナ里学習に関わるまで、「環境教育とは何か」と聞かれたら、「森や川など環境同士のつながりや、人と自然の関わりを学ぶこと」だと答えていました。今は、「全ての環境がつながっていること、そして自分自身もその環境の一部であるということに、気付くためのきっかけを作ること」だと答えます。「環境」は人ごとではなく、自分のことだと気付けたら誰だって、環境を大切にしよう、良くしていこうとあたり前に思えるはずです。

皆さんが普段飲んでいる水は、どのような旅をしてきたのか想像してみてください。

支部報「カッコウ」2016年 5月号より

栗山町の自然体験活動

NPO法人雨煙別学校 環境教育リーダー 諸橋 淳

皆さん、夕張郡栗山町と聞いて場所や思いつくものが、すぐにイメージ出来るでしょうか。地理的にはさっぽろテレビ塔から東へ40km程の農業を主産業とした町です。最近では、日本ハムファイターズの栗山監督と繋がりのある町と思い浮かべる人も多いかと思います。蝶のオオムラサキを思い浮かべた方は、自然環境活動に関心の高い人かもしれませね。

私の所属するNPO法人雨煙別学校も栗山町を拠点に自然体験活動を行っている法人です。法人名に学校とあることから、何やら教育に関わる仕事と想像がつくと思います。施設は昭和11年に建てられた築80年の旧栗山町立雨煙別小学校で、道内に現存する最古の2階建木造校舎です。2010年にコカ・コーラ教育環境財団の活動施設と、栗山町の自然体験学習の拠点を目指しNPOを設立、宿泊体験施設「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」として再生し、6年が経過しました。活動内容は、栗山の自然や風土、農林業を題材に、子供から大人を対象に実体験を通して、人と自然の共生を考えられる人づくりをめざしています。特に、栗山町の小・中学校では「ふるさと教育」と言う町の政策で、授業に様々な自然体験プログラムが取り入れられ、全小中学校の児童、生徒が年平均3回以上もの体験学習を経験するまでになっています。
ボートあそびこうした活動ができるのも栗山町民と町の地道な活動が背景にあります。今から32年前の1985年(昭和60年)に理科の副読本作りの中で、同町にて国内東北限となる国蝶オオムラサキの発見が契機になり、その後「人と自然が共生できるまちづくり」が進められ、同時に子供達への自然体験や環境教育活動も活発に行われました。2000年には農業放棄地となった谷地を子供達の自然体験フィールドとして再生する「ハサンベツ里山20年計画」がスタートするなど、積極的に展開してきました。結果、町内外からも体験型の環境教育の要望や問い合わせも多くなり、これまでの活動のノウハウや継承する人材の育成を踏まえ、自然体験のプログラム化と受け皿としての法人化に繋がりました。今では60以上もの体験プログラムやパッケージプランがある他、年間20回以上の体験行事も実施しています。興味のある方は是非ホームページhttp://uenbetsu.jpを覗いてください。最後に自然体験フィールドは、利用すればするほど傷つきます。その傷を回復するための行動が必ず必要です。身近な自然といつまでも共生する活動を続けたいと思っています。

特定非営利活動法人 雨煙別学校

支部報「カッコウ」2016年4月号より

若手で活動しています

今堀 魁人

私は普段、大学生活の中で友人と野鳥を探しに行ったり、SNSを通して全国の若手のバーダーの方々と交流したりしています。

二年前に札幌に来ましたが、それまではオホーツクに住んでいました。オホーツクでは、いつもコムケ湖で野鳥の観察・撮影をしていました。小学校高学年時にネイチャーガイド資格を取得し、ガイドもしていましたが、自分と同じ世代や年少のバーダーには一度も会うことがありませんでした。

札幌には、大学生や小学生のバーダーがいて、他の地域よりも若手が多いにもかかわらず、互いに交流できる機会がないので、若手同士がつながることができるネットワークや場があればと感じていました。

そこで私が先頭に立ち、北海道の若手バーダー同士のネットワークの構築と、それぞれが持っている野鳥や自然に対しての知識や情報を共有しようと考え、互いにサポートしスキルを高め合う活動を行っていくために、北海道ヤングバーダーグループ『ちかぷ』を昨年10月に発足させました。

この団体は、野鳥の会東京支部のYoung探鳥会を参考にさせていただき、基本的な参加年齢を10代から40代までとしました。参加料無料で(場所により100円程度の会場使用料を徴収する場合あり)、年に6回以上の野鳥勉強会を行っていきます。

現在は、若手と交流したいという40代以上の方の参加も大歓迎でお待ちしております。

勉強会では、毎回、テーマを設けて発表者に話してもらい、みんなでわいわい話しながら、知識と情報を共有しています。二月の勉強会では、「鳥達の恋の季節について」というテーマで私が話をさせてもらいました。

現在はまだ参加者が少なく、5~15名程の参加者しかいませんが、今後は少しずつ増えていくことを願い、日々精進しています。

この活動が、微力ながら北海道の若手バーダーの世界が賑わう礎となればと思っています。

北海道ヤングバーダーグループ『ちかぷ』の情報は
Twitter(@chikapuhokkaido)、Facebook、
ホームページ(http://chikapuhokkaido.jimdo.com/
からご覧下さい。

支部報「カッコウ」2016年3月号より

円山のゼフィルス

日本野鳥の会札幌支部  問田高宏(本文・イラスト)

札幌周辺では、林が残っていれば、緑色のゼフィルスの仲間が、住宅のそばでもみられるかもしれません。緑色のゼフィルスの仲間、という分類で森林の中を探すと、天気が良ければ緑色のゼフィルスには、割合と会うことができます。ゼフィルス、とは、チョウ目シジミチョウ科のミドリシジミ族の古い呼び名です。語源はギリシャ神話の西風の神ゼピュロスだそうです。緑の妖精ともいわれています。

ゼフィルスの仲間によく似ている種類としては、カラスシジミという、緑色のミドリシジミ類より一回り小さいシジミチョウがいます。ミドリシジミ亜科カラスシジミ族のシジミチョウで、ゼフィルスではないです。地味で控えめな色合いのチョウチョです。

メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ

緑色のゼフィルスにメスアカミドリシジミという緑色の、ミドリシジミの仲間がいます。やや大型の金緑色の金属光沢のあるミドリシジミです。

金属光沢、とは銀紙のような、キンキラの色のことです。


平成二十四年の夏に、円山公園定例探鳥会担当のUさんから電話を頂き、「クルミの周りにいるミドリシジミを教えてくれ」と言っていただき、先入観で、しばらく、「クルミの周りにいるのはオナガシジミです」と繰り返しました。オナガシジミとは、金属光沢のない、ゼフィルスの仲間です。Uさんより、現場で撮っていただいた写真画像(左写真)を見せて頂いて、クルミの周りにいたゼフィルスがオナガシジミではなく、メスアカミドリシジミであることを知りました。

メスアカミドリシジミ円山公園

メスアカミドリシジミ円山公園


年によって微妙に時期が変わりますが、円山公園では例年6月後半から7月にかけて、山裾の何か所かで出現し、その美しい姿と華麗な飛翔を見ることが出来ます。ここ何年かは7月の定例探鳥会でも見られているようで、探鳥会参加者の感想文にも登場しました。

支部報「カッコウ」2016年 1,2月号より

エゾモモンガと日没

厚別区在住 近藤直人

モモンガ

野鳥観察をしていたら野鳥以外にも時々思いがけない出会いというものがあります。

とある3月の昼過ぎ、キツツキを撮りにいつものように近所の森に入りました。雪山を歩いていると目線の少し上の方から、カサカサっと何かが木を登る音が聞こえました。コゲラかな?と目をやると見慣れない生き物がいました。それはなんとエゾモモンガ(以後、モモンガ)でした。警戒したのかモモンガは木のウロに入りこちらを見つめていました。どうやらモモンガがいた木は巣のようです。お目々がクリクリしたそのかわいらしい姿に僕は一目惚れし、この出会いをきっかけにモモンガの観察を始めてみようと思いました。

数日後、初めてモモンガを見たあの巣で出てくるのを待つことにしました。しかしよく巣を見ると生活感が感じられず、結局日没後50分ぐらいまで粘ってみてもモモンガは出てきませんでした。

モモンガが活動を始める時間は日没後30分だということなので、この巣にはモモンガがいないと割り切って諦めることにしました。そこで新たに巣を探してみることにしました。木の下に糞があるか、その木に小さなウロやキツツキが開けた穴があるのか。キツツキの多いこの森には穴の空いた木が多く、その中でモモンガの生活感が出ている木を5箇所見つけることができました。同じ個体が使っているのか巣は数十メートルほどの感覚でありました。最も木の下に糞がたまっている巣に決め、後はモモンガから見つからない場所で待つだけです。

3月31日(日没.17:59)
日没前の17:30から待つことにしました。日没を迎え16分後の18:15、モモンガが巣から顔を出しました。予想外の早い時間にビックリしました。まだ、空は少し明るさが残っていたので観察がしやすかったです。暫く顔を出したり引っ込めたりし、巣から這い出し木を登り、滑空し森に姿を消しました。

今回予想外の時間に出てきたことに疑問を持ちました。もしかしたら今回がただ早かっただけかもしれません。そこで、日没から何分後にモモンガは活動を始めるのかを巣に通い調べることにしました。

そして数ヶ月後。少しづつ観察を続けた結果、日没後30分ではなく、だいたい14分前後を中心に巣から出てくることがわかりました。

まだ1個体しか調べていませんが、別個体での確認や別の時期はどうなのかなど、今後も少しづつ日没と活動時間の関係性を明らかにして行きたいです。

支部報「カッコウ」2015年12月号より

雁の「龍」に魅せられて

ウトナイ湖サンクチュアリ・レンジャー  小山留美

15119月下旬から12月上旬、また、3月上旬から4月中旬にかけて苫小牧市東部に位置するウトナイ湖には、オオハクチョウやコハクチョウ、ヒドリガモやオナガガモなど数種類のカモの他、マガンやヒシクイなどの雁(ガン)類が飛来します。
同湖を訪れる「雁」の数は、秋は多くて4千羽、春は10万羽を数えたことも。彼らが頭の上をV字の編隊を組んで飛んでいく時、にぎやかな声はもちろん、力強く風を切る羽ばたきの音が迫って聞こえ、横シマ模様のマガンのお腹や、つるりと灰白っぽいヒシクイのお腹がくっきりと見えることもあります。
たくさんの鳥が一気に飛ぶ景色は、多くの人の心を揺さぶるようです。たまたまセンターを訪れていた観光客、いつものように遊びに来ていた家族、違う鳥を写真に撮ろうと思っていた人も、皆思わず「わあ!」と声を上げます。
私が初めて雁に心奪われたのは、数年前の早春でした。
朝もやの中、湖の南岸(観察地点から見て対岸)側にキャワキャワと落ち着きなく、うごめく群れがあります。夜明けはもうすぐ。今日の行き先を打ち合わせてでもいるのか、ざわめきは大きくなる一方です。
ところが、それまで好き勝手に餌採や水浴びをしていた雁たちが、ふと、一斉に首をもたげ、ある一方を望みます。一瞬の沈黙。静けさが行き渡ると同時に、どっと羽音を立て、湖上に大群が持ち上がりました。その後、群れはうねるように空を駆け、ワ―という「音」にしか聞こえない声を上げながら、思い思いの方向に散っていきました。
ウトナイ湖で「龍」を見たと思いました。
レンジャーになる前のことです。昔から草木のあるところや動物が好きで、人生のほとんどを苫小牧で過ごしている地元民ですが、こんな場面が見られる場所があったのかと思いました。それから、彼らの飛び立ちが見たくて、春の雁カウント調査に何度かボランティア参加したりもしました。数える技術は高くありませんが、毎度その場面に立ち会えることがとても嬉しく、レンジャーになって3年目の今も、その気持ちに変わりはありません。
日々移り変わる湖や周辺の自然の様子を見られること、そして、何より心揺さぶる雁に出会えたこと。それが今、私がここで働いている原点なのだと思います。
当センターでは、雁類が再びやって来る来年の春、観察会や彼らをテーマにしたアート展などを開きます。雁をきっかけにセンターへ足をお運びいただければ幸いです。

写真説明:ねぐら立ちする雁の群れ(ウトナイ湖)

邯鄲の夢枕

村井雅之

虫の音は季節の移ろいと共に微妙に変化し、様々な思いを喚起させる。ハネナガキリギリスの鳴き声で夏の終わりを予感し、エゾエンマコオロギの鳴き声で秋の訪れを知り、そしてカンタン鳴き声で虫たちの季節が終わりに近づいたことを感じる。9月上旬、秋風の吹くウトナイ湖へ出かけ水辺を散策していると、カンタン(邯鄲)の鳴き声が聞こえてきた。

9P鳥参写真カンタン

カンタンは体長15mmほどの淡い黄色をしたバッタの仲間で、日本全国に分布している。北方系の昆虫のため、本州以南では冷涼な高地でなければ鳴き声を聞くことはできない。しかし道内では草原があれば簡単に鳴き声を聴くことができる。ウトナイ湖でカンタンの鳴き声が聞かれ始めるのは、8月下旬頃からで、「ルルルルルルル・・・」と聞こえる鳴き声は旅愁を感じさせる。秋に鳴く虫の声の周波数は4kヘルツ以上と高いので聞き取りにくいことが多いが、カンタンの鳴き声の周波数は2kから3kヘルツと低く、聞き取りやすい。

カンタン(邯鄲)という名前は、戦国時代の中国に栄えた趙(ちょう)の都、邯鄲(かんたん)を訪れた青年の体験を元にした故事「邯鄲の夢枕」に由来しているというのが一般的だ。しかし、中国ではカンタンのことを「邯鄲」ではなく「天蛉」と呼ぶ。そのため故事の内容とカンタンの旅愁を感じる鳴き声から、日本で名付けられたという説もある。ちなみに「邯鄲の夢枕」という故事は、夢を抱いて旅に出た廬生(ろせい)という青年が邯鄲の宿に立ち寄り、飯が炊けるまでの間、同宿にした道士から借りた枕でうたた寝をしている時に見た夢にまつわる話し。廬生が見た夢とは、長い旅と苦難を経て、最後には大成功をおさめるという内容だったが、夢から覚めてみると、ご飯が炊けていないほど短い時間だったという内容で、栄華の夢の儚さを説いている。

湖岸でカンタンの鳴き声を聞いていると「邯鄲の夢枕」を思い出した。長い間ウトナイ湖を思う人々が描いてきた夢の行き着く先はどこだろうか・・・。夢枕のように終わらぬことを願う。

支部報「カッコウ」2015年10月号より

暮らしの中でのバードウォッチング

斎藤裕美子(会員)

鳥見歴は二十数年になります。探鳥会では初めて見る鳥に夢中になったものです。今では身近な鳥の営みにも見入って楽しんでいます。

キレンジャク

キレンジャク

我が家は北区。近くに新川と小さな牧場があるくらいの、平坦な住宅地です。小さな庭に面した歩道にはナナカマドの街路樹が一本。家事の合間にリビングの二階の窓から空模様を眺める毎日。そんな時に鳥の姿を目にします。春に向かいの家の梅の木にコムクドリの番い。秋にはエゾ二ワトコの実を食べに親子で現れます。夏の雨上がりの空にはアマツバメが飛び交うことも。雨が止み、虫が飛び始めたからでしょう。ある時はヒヨドリがクモの巣に向かってホバリング。私の苦手なクモを食べようとするのです。ありがたい。ツララから落ちる水滴をホバリングしながら飲む様子も見られます。冬にはナナカマドにツグミが来ているなあと双眼鏡で覗くとギンザンマシコ。実を啄んでは庭の松で休み、一時間ほど楽しめました。そして、降り続く雪の中ではムクドリの群れ。その中に見慣れぬ柄のムクドリがいます。ホシムクドリでした。ムクドリの群れの中で冬を越そうと頑張っているのでしょう。冬の終わりの餌の少ない頃には、レンジャクの群れ。電線に並び、庭のツゲの黒い実を食べに舞い降りました。ある夜、積雪が心配で屋上へ上がると、大きめで白っぽく、胴体にいきなり顔が付いたような鳥が向かって来、頭上を通過。コミミズクでしょうか。深夜の出会いにお互いに驚きました。牧場から新川へ餌探しに行くのでしょう。

そんな鳥見で一年中姿を見せてくれるスズメ。春先にペアができ巣材を運び、夏には幼鳥を連れて庭へ来ます。羽をブルブルさせ口を開け餌をせがみ、親の後を追う幼鳥たち。親は蛾を捕まえようとするが失敗することも。庭にはお碗型の浅い小さな穴が数個。砂浴びで出来上がった窪みです。穴が大きくなると使わなくなり、また別の場所で砂浴び。穴は増えていきます。砂場を取り合い争う様子も見られます。置物に雨水が溜まると飲み、水浴びもします。体についたダニ等を落とすためでしょうが、水浴びと砂浴びをどう使い分けているのか。そんな野鳥の暮らしを飽きずに観察しています。街中でも小さな林や水辺があれば野鳥は立ち寄ってくれます。環境保全には自然の楽しさを知ってもらうのがいいでしょう。それが初心者探鳥会ですね。

野鳥を身近に観察できる街でありますように。

支部報「カッコウ」2015年8,9月号より

「ウトナイ湖ファンクラブ」をご存じですか?

日本野鳥の会 ウトナイ湖サンクチュアリレンジャー  中村 聡

「ファンクラブ」と言っても、アイドルグループのそれとは異なり、記念のノベルティがもらえるとか、特別なサービスがあるとか、そのような特典はありません。こちらのファンクラブは、貴重で豊かな勇払原野の野鳥や自然へ思いを寄せる皆さんに、ここで保全活動にあたっている「ウトナイ湖サンクチュアリ」を応援いただく賛助会です。

札幌市中心部から南南東へ約50km。車でも、電車とバスを乗り継いでも約1時間という距離にウトナイ湖はあります。ここでこれまでに確認された野鳥は約270種。札幌支部の探鳥会も定期的に開催されており、バードウォッチャーの聖地として、会員の皆さんには良く知られたところです。開発の進む石狩低地帯にあり、苫小牧市街地に隣接した場所に、このような自然が今も残ることは、奇跡的とも言えるのではないでしょうか。

日本野鳥の会は1970年代後半、欧米の野鳥保護区(英国のリザーブなど)をモデルに、自然保護や環境教育の拠点となる「サンクチュアリ」を日本につくろうという運動を開始し、1981年、第1号の「ウトナイ湖サンクチュアリ」を苫小牧市に創設しました。この地が最初に選ばれたのは、ガン・カモ類やハクチョウ類、湿地や草原で繁殖する小鳥などの重要な生息地、まさに「聖域」であることが理由でした。その目的は、野生生物の生息環境の保護管理、人と自然とがふれあう場の確保にあり、今日に至るまで自然保護と環境教育を活動の柱とした運営を行なっています。

中心施設の「ネイチャーセンター」は、会員の皆さんをはじめ、全国から寄せられた約1億円の募金で開設されました。以来、多くのご支援やボランティアの協力も得ながら活動を進め、これまでにウトナイ湖のラムサール条約湿地登録(1991年)や千歳川放水路計画の中止(1999年)などの成果を収めています。近年は、周辺に広がる勇払原野を守る活動に取り組んでおり、アカモズやチュウヒといった絶滅のおそれのある鳥類の生息状況を調査し、その結果を元に広く保全を訴えているところです。苫小牧東部開発地域内にある希少鳥類の生息地が遊水地の区域に含まれるという昨秋の決定は、大きな活動成果となりました。(「野鳥」誌2015年4月号もご参照ください)

日本野鳥の会の直営施設として、保全活動を自立して行なっていくためには、運営資金の安定化が課題です。「ウトナイ湖ファンクラブ」には現在、約80名の会員がいらっしゃいますが、1年で退会される方もおり、なかなか輪が広がりません。
そこで皆さん!奇跡的に残る勇払原野の自然を将来にわたり守っていくため、会員になってご支援いただけませんか。個人の方は、1年1口1万円の会費です。入会時には会員証を発行し、ネイチャーセンター内にネームプレートを掲げます。また、通信紙「ウトナイだより」を年4回お届けして自然の動きや活動についてご報告するほか、「ファンクラブの集い」を開催し、レンジャーとの、および会員相互の交流を深めています。

第2回「ファンクラブの集い」で弁天沼へ

第2回「ファンクラブの集い」で弁天沼へ

集いには、遠く京都や大阪からの参加もあり、和やかな夕食会を催したり、活動の最前線にご案内したりするなどして、ご支援いただいた成果を直接お伝えします。ネイチャーセンターには入会パンフレットをご用意していますので、ぜひ、お問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。


お問い合わせ先:ウトナイ湖サンクチュアリ/ネイチャーセンター
  • メール: utonai@wbsj.org
  • 電話:0144-58-2505
    (月・火曜日以外の9:00~17:00 調査等で不在の場合あり)
支部報「カッコウ」2015年7月号より