*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

地下食堂からヤマガラ

札幌駅北口の代々木ゼミナールという学習塾ビル地下の食堂で、Aランチ(400円)をいただきました。窓の外は松などが立つ45平米程の庭で、天井がない筒抜けの形で空も見えます。

そこへ時々ヤマガラが降りてきて小さな黒い実を咥えて行きます。鳥たちをレストランの窓から見た幾つかの記憶がありますが、こういう形のは初めてなので日記に追加します。

今日(12月13日)の北大構内

12月としては記録的な連日の大雪が明けて、今日13日の11:00頃から45分ほど散歩をしてきました。青空なので鳥たちも喜んで出ているという思惑は外れて、カラス、ヒヨドリ、シジュウカラ?しか見られませんでした。今月23日のクリスマス初心者探鳥会には、多くの鳥たちが出てきて欲しいものです。

正門を入ってすぐの中央ローンを流れる川には、カラスの行水が見られました。

 

 

 

工学部横の大野池は氷が張って、上を歩く靴の跡がありました。氷を確かめたかった?

 

 

 

中央食堂横のナナカマドの実は殆どありませんでした。12月に実が残っていないなんて、有ったかなあ?

 

ポプラ並木横の草木園の新渡戸稲造さんは、妙に暖かそうな佇まい。

 

 

 

他の木々(アカナラも含めて)の葉が殆ど落ちているのに比べて、このアカナラは葉をしっかり枝に着けていました。樹にも 性格めいた特徴があるのでしょうか。

積もった雪が水気を含んで、今日の雪かき作業は力がいりますね。

 

 

カラスの羽跡

羽跡というのは私が勝手につけた造語ですが、雪国では鳥が羽を広げた状態で地上に降りたり、低く飛んだ様子が印されています。雪原を歩かれる方などは、雪面の羽の跡などはよく見掛けられるのだろうと想像します。私の場合は、都会のごみ置き場近くの雪面で見掛けました。掴んだ厨芥物を落としたカラスが慌てて拾った時のしるし?

 

 

 

カラスの足跡

カラスが雪降りの歩道を横切って行きました。当然、足跡が付きます。それをデジカメで撮りました。

カラスの足跡というと肌を大切にするご婦人たちが目じりの皺を指して言うそうです。でもこんなにはっきりする皺はお芝居の化粧でしかお目にかかれませんので、実際は笑顔の素敵なご婦人が謙遜して仰る事なんでしょう。私、フェミニストです。

 

 

円山公園定例探鳥会

12月の円山公園定例探鳥会です。

ウソ、マヒワがどっさり!!賑やかな探鳥会でした。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

おなじみのウソです。ひゅー!おとこまえー!

亜種アカウソ♀ しっとり、うっとり

今季初登場のマヒワ、元気だねー!

終了まぎわに、キバシリ登場!シックなやつ!

みなさん、大満足でした。

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

2012年12月9日 円山公園

  • マガモ
  • トビ
  • ハイタカ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • コガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ミソサザイ
  • ツグミ
  • スズメ
  • ハクセキレイ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • ウソ
  • シメ

合計:21種

どなたの足跡?

中島公園菖蒲池に氷が張って雪が乗り、上を歩く生き物の足跡が付いていました。キツネ?犬?ネコ?判別が付きませんが、キツネのような気がします。

 

 

 

 

 

雪と落ち葉のタイミングで

雪と落ち葉が出会うと、落ち葉が活気を帯びて見えます。イチョウの葉は先月11月19日の中島公園です。ポプラとヤナギは昨年と一昨年の同公園です。アカナラの葉は2000年11月19日北大文学部前の様子です。タイミング次第で落ち葉が立つのは雪国ならではの光景ですね。

 

 

 

 

 

 

イチョウ

 

 

ポプラ

 

 

 

 

 

 

 

ヤナギ

 

 

 

 

アカナラ

懐かしのヤマブドウ

12月2日の西岡水源地定例探鳥会の日記を見ていたら「ヤマブドウの実にやって来るツグミを観察する方々。」の記述がありました。

黒い葡萄が大好きなadaはヤマブドウには郷愁があります。酸味が強いし今では食べることはありませんが、去る11月8日に札幌中卸センター市場に並んでいるのを見て懐かしさのあまり籠に入れていました。

黒葡萄はスチューベンという種類が中心でしたが、大好きなキャンベルがまだこの市場に出ていました。ついでに巨峰も。

(左から巨峰、キャンベル、ヤマブドウ、)

いつか日記に記す事もあろうかと写真に撮ってあったのでアップします。お気軽系日記ブログということで笑って下さい。

 

 

公園に滞在中なのはウソですね

意外な或いは珍しい事を知ったときに思わず口をついて出る言葉に「ウソー」があります。円山公園のウソは「ホントー」と納得させます。写真に有るような光景は見たことがない面白い場面で「ウソー」でした。

図鑑を見ると、首に接する胸がピンク色のアカウソと胸が濃い赤のベニバラウソという亜種たちがいることを知ります。薄いピンク色のアカウソは見かけたことがありますが、ベニバラウソはお会いしたことがありません。数が少ないそうです。いつか見掛けて「ウソー」と興奮してみたいものです。

 

西岡水源地

札幌支部探鳥会の原点とも言える西岡水源地定例探鳥会、12月2日の日記を楽しく読みました。そのフィールドで楽しんだ記憶が今の様子を知ることで味わいが増します。参加者がゲットしたコゲラやアカゲラの画像をアップ出来たのも、日記への意欲を感じさせて嬉しいです。

日記は>手厳しい御指摘をいただきましたので、気い遣うわ。>と嬉しい悲鳴ですが、見て貰うための日記なのでどんな批評も大歓迎ですね。現場での上手な案内にはいつも参加者を満足させているのを知っています。