*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

怖かった~(高所は苦手)

海岸から15キロ離れた札幌市中心街上空に、それまで見られなかったカモメが飛ぶようになり、もしかして何処かで営巣?が札幌支部で話題になったのが2001年。翌02年になって数箇所のタワーパーキング(立駐)屋上での営巣が確認されました。その経緯は2003年7月号の支部報カッコウに特集されました。

この年、札幌支部に「屋上排水溝が詰まった。カモメの巣で塞がれたようなので作業に入る」との情報が、ある立駐管理会社から入りました。その作業に立会い、参考に巣を持ち帰れと指示されたのが私でした。

屋上は平らで縁が十数センチしかなくて作業は見ているだけで怖いものでした。そして無事取り払われた巣の一つを持ち帰ることが出来ました。持ち帰ったオオセグロカモメの巣の構成物などは、支部前庭の安全な場所でSUMIさんによって記録されました。

 

キタキツネ、滞在中

今回もタイトルは「クロジ、滞在中」に倣いました。 9月初め頃から出没し始めた中島公園のキタキツネ。エキノコックス寄生虫症の人体への影響を危惧されて顰蹙をかっていますが、生きるための精一杯の状況判断なのか、今も鴨々川縁でネズミを獲るなどして出没しています。 公園緑化協会の職員などの姿をみると、一目散に逃げますが観光客や私のような単なる野次馬とみると、リラックスしたポーズをとるなど、素早い状況判断には敬服します。これから彼(彼女?)は何処へ行くのでしょうか。

 

クロジ、滞在中

 円山公園に、クロジ滞在中です。

 会員の、山田甚一さんからスーパーショットが届きました。

 うわー!可愛いー!

 はーい!ポーズ!

 もう一つ、ポーズ!

 みなさん、見にきてねー!

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

あのシジュウカラはどうなった?

9月22日(土)サッポロファクトリーのイベント、ミュンヘンのビールで乾杯200円に行った時の事です。会場のアトリューム入り口階段に弱ったシジュウカラが止まっていました。

愛鳥家は何処にでもいらっしゃるようで、水のような液体を指の腹に伝わせてシジュウカラの嘴から飲ませていました。回転すしから出てきた人がそれを見て取って返し、寿司職人からシャリ(ご飯粒)数粒を貰ってきて一緒にやりました。

その内に警備員が来てシジュウカラをダンボール箱に入れて持ってゆきました。彼女(メスのシジュウカラ)はあれからどうなったのでしょうね

 

 

 

円山公園定例探鳥会

 10月の円山定例、久しぶりにクロジ登場です。

 会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

 みなさんの目の前で、たーーーーっぷりとおすまし!

 こちらは、おなじみさん。カワラヒワです。

 そして、探鳥会の締めは、シメでした。

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

確認鳥種は以下の19種でした。

2012年10月14日 円山公園

  • オシドリ
  • マガモ
  • トビ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エナガ
  • ゴジュウカラ
  • スズメ
  • カワラヒワ
  • シメ
  • アオジ
  • クロジ

合計:19種

ノゴマ、来ました!

 すっかり、秋景色の円山公園にノゴマです。

 会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

  メジロもまだまだいますよ。

 そして、中島公園です。秋ですねー。

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

10月7日西岡公園探鳥会

ちょっとサボって遅くなりましたが西岡公園探鳥会のご報告でーす。

当日は、お天気も良くて、サイコーの鳥見ができました。

あんまし警戒心がないのか?キジバトくんです、2,3m先をゆっくりと歩いてくれましたです。双眼鏡いらず。

キジバト

渡りの時期とあって、いろいろな鳥たちが来てました。

クロジやマヒワ、カシラダカなどなど。もう冬鳥たちですわ。

クロジ

珍しいクロジくん、とても多くいました。

なかなか姿を見せないものもおりました。葉っぱと小枝に隠れていて、

あなたはどなたですか?ってなカンジ。

あなたはどなた?

やっとこ、見られました。で正体はというと。

アトリ

アトリくんでした。

 

・西岡公園探鳥会で見られた鳥

2012年10月7日 西岡水源地

  • キジバト
  • カイツブリ
  • マガモ
  • コガモ
  • オシドリ
  • カワセミ
  • アオサギ
  • アカゲラ
  • コゲラ
  • シメ
  • マヒワ
  • アトリ
  • メジロ
  • トビ
  • アオジ
  • シジュウカラ
  • ハシブトガラ
  • ゴジュウカラ
  • ヒガラ
  • カシラダカ
  • ヒヨドリ
  • キセキレイ
  • クロジ
  • エナガ
  • ヤマガラ
  • カワラヒワ
  • スズメ
  • ハシブトガラス

合計:28種

                        参加者は34名。

「あっ、居たー!」の楽しみ

探鳥は文字通り鳥の存在を探すのが楽しみの一つです。
鳥が何処にいるか分かりづらい写真を2点アップします。晴天と曇天では、もしかすると晴天のほうが見つけづらい事が多いような気がしますがどうなんでしょうか。中島公園の鴨々川のカワセミですが、画面中央下部の石の上に居ますよホラー。

 

 

クマタカ、飛んだー!

 秋の、百松沢探鳥会です。

 開始早々、快晴の空高々とクマタカが登場!やったー!

 湖面には、ヤマセミ、ひょえー!

 そして、カワガラス、うぉー!久しぶりー!

 やわらかな秋の日差しのもと、至福のひとときを過ごしました。

 確認できたのは

2012年10月8日 百松沢

  • オシドリ
  • マガモ
  • コガモ
  • ウミウ
  • トビ
  • クマタカ
  • ヤマセミ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • カケス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ウグイス
  • メジロ
  • ゴジュウカラ
  • カワガラス
  • キセキレイ
  • カワラヒワ
  • ベニマシコ
  • ホオジロ
  • アオジ
  • クロジ

合計:26種

 の26種でした。

【撮影は、幹事のMさんです】