*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

西岡水源池定例探鳥会 4月

池の氷はまだこんな感じ、湖面の開いている部分は上流側2割ほどでしょうか?

 集合時間中、カラ類、カワラヒワ、マヒワなどが行き交い、10羽程のアトリの群も寄ってくれました。帰り道お気をつけて。

曇り空のもと2グループに分かれ出発。歩き出すとポツポツ雨が落ちてきました。

いつもの電柱にスズメ2羽。カップル成立でしょうか?

ハシブトガラスがせっせと巣材を運ぶ様子を横目に、コゲラやアカゲラ観察。キジバトの声も聴こえます。

囀りを頼りにキバシリ発見。登ってくれる樹がシラカバだと見つけやすい。うまいこと尾羽も使っています。

湖面の氷淵にマガモが10羽ほど。カイツブリはこの後、2羽で仲良く巣材を加え岸辺へと泳いで行きました。マガモと比べると小さいね。

湿原木道は8割方雪もなく歩けます。アオサギが上空通過、マヒワの大きな群れに遭遇し、エナガにも会えラッキー。

最後、2羽のクマゲラが鳴きながら西の方角へ飛んで行きました。池の氷が全部落ちるのは数日後でしょうか?去年は417日だったので今年は早い。

参加者は42名でおつかれさま、ちょこっとの夏鳥とちょこっとの冬鳥で4月らしい探鳥会でした。

2018年4月1日 西岡水源池

  • マガモ
  • カイツブリ
  • キジバト
  • アオサギ
  • トビ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • クマゲラ
  • カケス
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エナガ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • ミソサザイ
  • スズメ
  • アトリ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • シメ
  • 合計:25種
  • 天気:小雨
  • 地域メッシュ:6441-333

またまた、お帰りなさい!

円山公園、マガモに続いてオシドリも来ました。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うわー!美し-!昨年の秋以来です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マガモも張り切っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年も、親子連れが見られるといいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

 

3月25日手稲山口バッタ塚探鳥会

快晴に恵まれ、気温もプラス10度と、とても暖かな一日でした。
参加者も50人ほどで多くの野鳥大好きさんに参加していただきました。

見られそうな野鳥を紹介

今日、見られそうな野鳥は何


集合場所のすぐ横を流れる新川(しんかわ)で観察開始。
ハシビロガモ オス

ハシビロガモ オス


ここでは初記録のハシビロガモのオス、そしてホオジロガモです。
ホオジロガモ オス

ホオジロガモ オス

キンクロハジロ

キンクロハジロ


青空の上空を大きな鳥が舞い始めました。
皆さんの視線が、そちらに集中しますと。

オジロワシ 成鳥 

オジロワシ 成鳥 


手稲山を背景に従えて、2羽がダイナミックに飛んでいきました。
オジロワシ2羽が手稲山を従えて飛ぶ

オジロワシ2羽が手稲山を従えて飛ぶ


そして、川面には、すっかり男前になったオシドリが浮かんでいます。
オシドリ男前3人衆

オシドリ男前3人衆


マガンの群れが北に飛ぶ様子も見られました。
50羽以上が編隊を組んで飛んで行きました。
マガンの群れ

マガンの群れ

見られた鳥は25種類でした。

2018年3月25日 手稲山口

  • マガン
  • オシドリ
  • ヒドリガモ
  • マガモ
  • カルガモ
  • ハシビロガモ
  • コガモ
  • キンクロハジロ
  • ホオジロガモ
  • ウミアイサ
  • ウミウ
  • アオサギ
  • ダイサギ
  • オオバン
  • オオセグロカモメ
  • トビ
  • オジロワシ
  • アカゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • シジュウカラ
  • ヒバリ
  • ツグミ
  • ハクセキレイ
  • カワラヒワ

合計:25種天気:晴れ

お帰りなさい!

円山公園にマガモが帰ってきました。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

改修工事の済んだ池でくつろいでいますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マヒワもまだまだ元気に飛び回っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらさんもお元気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残雪の参道。間もなく春の訪れです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

札幌支部創設四十周年を祝う会

今年は、1月の「由緒正しき新年会」に替えて「札幌支部創設四十周年を祝う会」を2018年3月24日に開催いたしました。

写真家:熊谷勝氏の絵画のような野鳥写真をスクリーンに映しながらのお話しや、札幌支部40年の歴史的写真(?)を見ながらの支部発足当時のお話し、古参会員の皆様の当時のお話しなど、楽しい時間を過ごせました。


少々高齢化も進んではきましたが、これからも由緒正しき札幌支部を続けていけることを祈ります。
さぁ、次は五十周年だ!

集合写真

集合写真

札幌支部創設四十周年を祝う会無事終了

タイトルの通り祝う会は3月24日に円山会館で40名を超える参加者で賑やかに楽しく終了しました。祝う会の模様はタイミングで4月号会報では掲載されませんが5月号では詳細が報告されるでしょう。ハヤブサの写真で知られる室蘭の写真家・熊谷 勝氏の写真とスライドでは一味違うプロの画像とトークに皆が酔いました。

ところで、四十周年の歴史を振り返るスライド上映の中で、1996年5月12日に大通西4丁目のNTT社植え込みから11羽の雛を連れたマガモが道庁前庭池に行進したハプニングに札幌支部が深く関わっていた事が紹介され、支部長もその行進に同伴している様子が参加者を楽しませました。

その日、NTT社の植え込みのマガモを保護する手立てが無いかを相談されていた山田支部長が雛の巣立ち直後に中央警察署に交通規制を依頼して、マガモファミリー保護の目的を手助けしたエピソードです。

そういう経緯は知りませんでしたが、大通の歩道に接するNTT社の植え込みで抱卵中のニュースは知っていましたので、タイミングよく私もマガモの行進に出会っていました。

行進の警護に住友事務局長も参加していたことも分かる画像です。支部を挙げてマガモの保護に関わっていたのですね。

警察の12号線交通規制のいきさつを知って、十数名の中央署の警察官がマガモ保護に協力して交通規制をした事と、それをさせた支部長の力に驚いた事でした。

ウトナイ湖水鳥探鳥会

ウトナイ湖水鳥探鳥会です。

晴れ渡った青空の下、心地よいひとときを過ごしました。

沢山の水鳥に加え、オオワシ、オジロワシの勇姿を堪能しました。

以下は、過日の映像ですが大空を飛ぶオオワシと

オジロワシです。

 

2018年3月21日 ウトナイ湖

  • マガン
  • コブハクチョウ
  • オオハクチョウ
  • ヨシガモ
  • ヒドリガモ
  • マガモ
  • オナガガモ
  • コガモ
  • ホオジロガモ
  • ミコアイサ
  • カワアイサ
  • カワウ
  • アオサギ
  • ダイサギ
  • カモメ
  • シロカモメ
  • トビ
  • オジロワシ
  • オオワシ
  • ノスリ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • エナガ
  • ゴジュウカラ
  • キバシリ
  • マヒワ
  • ウソ

合計:30種天気:晴

 

野鳥の会札幌支部40周年記念カレンダー

札幌支部40周年記念野鳥写真展でご提供頂いた写真を使用して40周年記念カレンダー(2018年4月〜2019年4月)を作成しました。

S-WBSJ 40周年記念カレンダー

S-WBSJ 40周年記念カレンダー
2018年4月〜2019年4月
75mm×200mm 厚み:0.22mm



PDFでダウンロードして、厚手のインクジェット用高画質用紙で印刷すれば、ステキな卓上カレンダー(スタンド付き)のできあがりです。カッターで切ったり、貼ったりの一手間はかかりますが、ぜひともダウンロードしてみて下さい。
写真のカレンダーは、コクヨの写真用マット紙(A4)厚さ:0.22mmを使用しています。

おまけのスタンドは、カットして折り曲げて糊で貼って、組み立てます。

なお、ダウンロードしたり、インクジェット用紙を買ってきたり、カッターで切ったりなんて、やってられない方は、3月24日の「支部創設四十周年を祝う会」で数量限定、500円で販売いたします。福引の景品にもなっていますので、もしかしたら当たるかも!

S-WBSJ-40周年記念カレンダー(PDF)

2018年4月〜2019年4月 まとめてダウンロード

1ページずつダウンロードする場合は、こちらから ↓

S-WBSJ 40thカレンダー2018-4月(PDF)

2018年4月とスタンド

S-WBSJ 40thカレンダー2018-5-6-7月(PDF)

2018年5月〜7月


S-WBSJ 40thカレンダー2018-8-9-10月(PDF)

2018年8〜10月

S-WBSJ 40thカレンダー2018-11-12-2019-1月(PDF)

2018年11月〜2019年1月


S-WBSJ 40thカレンダー2019-2-3-4月(PDF)

2019年2〜4月



スタンドを作るのが面倒だったり、工作が苦手な方は、大小のクリップを組み合わせたり、100円ショップでもそれらしいものもいろいろ売っていますので、工夫してみて下さい。

おまけのスタンド

切って貼ってできあがり

スタンドの型紙は、切り抜く前に折れ線に沿ってボールペンなどでなぞって溝を付けておくと、組み立てるときに折り曲げやすいです。


クリップのスタンド

クリップのスタンド

クリップスタンド

大、小クリップを組合せ

100円スタンド

100円のスタンドは
ピンで壁に取付

お待たせしました!

お待たせしました!円山公園にウソ到来です。

冬の常連さん、今シーズンは遅かったですね。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

亜種ウソと・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

亜種アカウソです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、この冬長逗留のマヒワ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

間近で愛嬌をふりまくキクイタダキ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お目覚めの、シマリスも人気者です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

春呼ぶ街の氷・雪

南の街では桜が春を呼んでる日本列島、北の街でも氷や雪が春を呼んでいます。

 

早春のマジック雪の生け花。

 

 


 

眠たい朝ですどうしましょう。

 

 

 

 


 

駐車場ブロック塀との緩衝材古タイヤにど根性蛙が出現。

 

 


嬉しい春がやって来る。

(どう見ても笑顔にしか見えません。この横へ車を止めた人も気が付いて笑っていました)

 


道に広がる氷の華も春を呼ぶ。

北大構内の深夜。

 

 

 


 

早朝の北大構内に氷の華が道を飾ります。

鳥日和のブログに鳥が居ないので取り置いた画像を・とは一寸苦しいのですが・・。

(探鳥会などでも小さな鳥は撮影が難しいのですが普通に見せてくれている先輩達にはいつも感心しています)