*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

篠路五戸の森緑地

住宅地の中にある篠路五戸の森緑地は、エゾアカガエルが産卵したり小鳥もやってきてアオサギのコロニーとしても知られています。

天気が良いので4月29日に行って来ました。

緑地の水飲み場は使えるようになっていました。

チャッチャッチャ、グワーグワー、騒がしい鳴き声も活気があります。抱卵中らしい巣に補修の枝を運ぶアオサギの姿も見えます。

 


巣が幾つあるかは分かりませんが、五十は下らないように思います。

 

 

 


 

時々街中のでかい顔をしているカラスたちが、巣の中の卵を狙いにやってくるのか、騒ぎが大きくなる事もあります。

 


 

雛の誕生はまだですね。

 

 

 

 

頭上を飛ぶ張りのある姿は、何時見ても飽きがない緊張感があります。

 

 

 

 

 

一寸、横を見たらアカゲラが巣を作っているように見えました。虫を探しているのかもしれません、動きは活発です。

 

円山公園、春です。

いつもよりちょっぴり早めの花便り。円山公園、春です。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

チュッピンチュルル~♫~この季節おなじみの歌声、アオジ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてクロツグミ、春一番の美声で高らかに歌います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花盛りの円山公園にお出かけ下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】

北大構内初心者・ゴールデンウィーク探鳥会

「昭和の日」恒例の北大構内初心者・ゴールデンウィーク探鳥会です。

会員のIさん、Mさんから、素敵な映像が届きました。

天候に恵まれて、80名余りの熱心な皆さんがお集まりになりました。

まずは、始まり始まりー!(Iさん)

・・・っと!・・・あーっ!あの鳥は?(Iさん)

イスカです。幸先の良いスタートでした。(Iさん)

そして、スタート直後。アトリ登場!(Iさん)

さらに、芝生にはオシドリのペア。(Iさん)

 

 

 

 

小川をスーイスイ。(Mさん)

おっ!ポプラ並木でルリビタキを確認!(Mさん)

コゲラのこんな姿も確認!(Mさん)

溶け残った雪の周辺ではマヒワ。(Iさん)

そしてそして、とどめは南から到着間もないオオルリ。(Iさん)

爽やかな陽光の中、春のひとときを満喫しました。

【撮影は、会員のIさん、Mさんです】

2017年4月29日 北大構内

  • オシドリ
  • マガモ
  • キジバト
  • オオセグロカモメ
  • トビ
  • ハイタカ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • キクイタダキ
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒバリ
  • ヒヨドリ
  • メジロ
  • ゴジュウカラ
  • ムクドリ
  • ツグミ
  • ルリビタキ
  • オオルリ
  • スズメ
  • ハクセキレイ
  • アトリ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • イスカ
  • シメ
  • アオジ

合計:31種天気:晴

円山公園のオシドリ

山田さんのフォトでお馴染みの北海道神宮の鳥居の近く、地下鉄円山公園駅からも近くの池に、オシドリが居て人々を癒してくれています。

 

着いたとたんに、秘め事ともいわれる情熱と神聖さが入り混じった感動的な場面に出会いました。

今年も明るく賑やかで希望あふれる雛たちの光景が見られることでしょう。

今日も水鳥のファンが入れ替わり立ち代り訪れていました。

札幌大学の学生グループが先生と一緒に野鳥観察に来ていました。

 

枯れ葉が動いているような風情でオシドリのカップルが散歩している場面に遭遇してラッキーでした。エゾリスも走っていて、都会のオアシスと言ってもいいと思いました。

明日29日は北大構内初心者GW探鳥会です。

 

恐ろしや!銭函(ぜにばこ)風力発電建設計画

4月23日(日)15時から花川北コミュニティセンターにおいて小樽市銭函(ぜにばこ)海岸に建設予定の発電用風車3400KW(羽根直径108m)×10基の事業者(銭函ウィンドファーム)説明会(2回目)があったので参加した。

1回目の説明会は揉めて、事業者からも誠意のある回答がなかったため、参加者が途中で退席する事態になった、そうな。↓

https://blogs.yahoo.co.jp/isokomorigumo/folder/1244667.html

建設場所はこちらです↓(事業者配布資料から)

発電風車10基位置図

発電風車10基位置図

以前から、この計画には野鳥や自然、さらには地域の人々への健康に重大な悪影響が出るので中止するよう住民や野鳥の会、自然保護関係者などが強く反対要望している事業計画です。

野鳥の会としては

・北海道に渡来する渡り鳥の主要な通過ルート上である。

・多くの貴重な野鳥がここを利用している。

・オジロワシやオオワシが多数渡来して、西の新川河口から東の石狩川河口で魚を採食する場所として利用し、行き来を繰返しており、特にオジロワシは頻繁に行き来を繰り返しており、衝突死(バードストライク)に至る危険が大きいこと。

・日本では、ほとんど無くなっている砂丘林(カシワ林)と海岸砂丘が一体化して残っており北海道環境保全指針にも残すべき貴重な自然であるとして指定されている。

・エゾアカヤマアリのスーパーコロニーに多大なる影響が出るし、コロニーを移植するとしているが無理である成功例がないこと。

・世界でも、ここにしかいないとされるキタホウネンエビの生息地に極めて近い。

などなど。

事業者側が提示した当日資料↓の結果からも明確に示されているのですが。

動植物調査結果(含む重要な種)

動植物調査結果(含む重要な種)

猛きん類調査結果(事業者資料)

猛きん類調査結果(事業者資料)

渡り鳥(一部)調査結果

渡り鳥(一部)調査結果ー説明会資料

エゾアカヤマアリのコロニー移植させる?成功例は?無しです

エゾアカヤマアリのコロニー移植させる?成功例は?無しです

 

なお、当日の説明会へのマスコミ関係者の出席は拒否されました。理由は誤解を招くからとのこと。なんの誤解?かと聞いたが明快な返答は無し。新聞やテレビなどで内容が報道されるとまずいらしいです。

その理由は、これか↓

当日、反対される方々が専門家に依頼した調査の結果です。

数字上は405人もの人に健康被害が出ると予想している。

周辺住民、事業所勤務者や、保育園の子どもたちに健康被害が発生すると

予想している。

北海道大学の松井先生による低周波被害予想図

北海道大学の松井先生による低周波被害予想図

銭函風力発電事業計画第2回説明会

多くの質問が途中で打ち切られた
銭函風力発電事業計画第2回説明会

 

2017年度版 探鳥会カレンダー

2017探鳥会カレンダー.PDF

2017探鳥会カレンダー.PDF

2017年度版の探鳥会カレンダーができあがりました。
会員の方には支部報カッコウ5月号といっしょに郵送しています。会員以外の方も探鳥会に来ていただけるともらえます。

なかなか探鳥会に参加できないという方は、この画像をクリックするとA4サイズ2ページのPDFファイルをダウンロードできます。

Googleカレンダーの予定表「野鳥の会 札幌支部カレンダー」も2017年度分を更新いたしました。
Googleカレンダーをお使いの場合は、ご自分のカレンダーに探鳥会予定を組み込むことが出来て、便利です。

詳細は間近になると「探鳥会へ行こう!」行事案内にアップされますので、そちらをご覧ください。都合により、日程等変更になる場合もありますから注意してね。

西岡水源池 あたたか 

モモヒキ履かなくてもいいくらいの陽気、増水月寒川の流れはドオドオと、 湿原にはミズバショウ、ちらほら。
朝方、半分以上張っていた池の氷が、昼頃には2/5ほど。
氷は本日中にきっと無くなりそうで、まもなくカワセミやって来る。

4日前のタンポポは・・・

北大構内の情報基盤センター南館裏や農学部校舎の南壁面下に咲いていたタンポポは雪に埋もれているでしょう。

北大校舎の南側壁面下は、日当たりが良いせいなのか、毎年の四月中旬にタンポポが咲いています。今年は四月九日にその光景をデジカメしていました。

 

 

 

ところが、今日四月十三日の時ならぬ吹雪でした。タンポポは雪に隠れているでしょう。

さてこちらは大通公園です。

今日のお昼頃には花壇整備作業が行われていました。

 

 

 

雪にまみれての作業や園芸種の花々にとっては、厳しい条件になったことでしょう。

 

 

3丁目の石川啄木像に雪が張り付いて趣が増して、添えられた歌碑には「しんとして 幅広き街の秋の夜の とうもろこしの焼くるにほひよ」と読めます。

 

 


バレーシューを履いたタイツ姿の若い女性が、伸びやかに空を仰ぐ「泉の像」も吹き付ける雪で陰影が増して、雪国の野外彫刻を引き立たせていました。これは本郷新の作品で、片や石川啄木の像は坂 坦道と知りました。

 

 

 

4月、円山公園定例探鳥会

4月の円山公園定例探鳥会です。

会員の、山田甚一さん、Mさんから素敵な映像が届きました。

集合場所にアカゲラ登場!皆さん注目!(Mさん)

園内では、いたるところでシジュウカラのさえずりです。(Mさん)

本日のハイライト、オシドリ。(山田さん)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう一つのハイライト、ヤマゲラ。(山田さん)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、マヒワも地上で採餌。(Mさん)

多い残雪により、極力雪の無いところを歩きました。(山田さん)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも、そこここで春の風情を楽しめました。(山田さん)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さん、Mさんです】

2017年4月9日 円山公園

  • オシドリ
  • マガモ
  • トビ
  • コゲラ
  • アカゲラ
  • ヤマゲラ
  • ハシボソガラス
  • ハシブトガラス
  • ハシブトガラ
  • ヤマガラ
  • ヒガラ
  • シジュウカラ
  • ヒヨドリ
  • ゴジュウカラ
  • ツグミ
  • スズメ
  • キセキレイ
  • カワラヒワ
  • マヒワ
  • ウソ

合計:20種天気:晴

円山公園、オシドリ来ました。

例年になく、まだまだ雪深い円山公園ですが、オシドリ来ました。

会員の、山田甚一さんから素敵な映像が届きました。

マガモも来ました。

樹上では、コゲラが元気に活動中です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雌のオシドリもあでやかに・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつものように、雛たちを連れた姿が楽しみです。

(昨年は、6月17日に当ブログに登場しました)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【撮影は、会員の山田甚一さんです】