*

Sapporo Chapter Wild Bird Society of Japan

地下鉄円山公園駅に注目

円山公園駅掲示板円山公園駅掲示板

今週から、さっぽろの地下鉄円山公園駅改札横の掲示板に、野鳥の会札幌支部の展示スペースが開設されました。
今のところ11月30日までの期間限定ですが、円山公園の定例探鳥会を宣伝しています。
掲示板には、今回のために作った「円山公園野鳥ガイドブック」をポスター代わりに貼っています。そのうち、このガイドブックもPDFファイルで札幌支部ウェブサイトからダウンロードできるようにする予定。
円山近くの人は、覗いてみてください。

自然を観る、伝える

北海道自然観察協議会創立30周年記念 公開シンポジウム

自然を観る、伝える

30周年シンポジウムチラシ 3

PDFファイル

北海道自然観察協議会は、日本自然保護協会の養成講習を受けた自然観察指導員の集まりです。身近な自然に目を向け、足元の不思議に気づくことから、環境を大切にする心が育つと考えています。創立30周年を迎え、北海道の自然の奥深さ、面白さを語り合い、生物多様性の大切さを伝えるとともに、改めて自然の観方、伝え方を見つめ直すシンポジウムを開きます。

詳しくは、左のチラシをご覧ください。


  • 2015年11月7日(土曜日)
    13時00分から16時00分(受付12時30分から)
  • 札幌市男女共同参画センター 3階ホール(北区北8条西3丁目 札幌駅北口 札幌エルプラザ内)
  • 資料代:500円(会員は無料)
  • どなたでも参加できます。当日、自由においでください。

お問合わせはこちらまで
北海道自然観察協議会事務局(池田)

北海道自然観察協議会とは

日本自然保護協会に登録された自然観察指導員からなるボランティア団体です。「自然をとうとび、自然に学ぶ」をモットーに、自然観察会活動を通して多くの人々と自然について語り、自然に親しみながら、自然と調和する方法を探し、このかけがえのない自然をより良い姿で子孫に残すことを目的に活動しています。1985(昭和60)年の発足以来、道民の自然への興味や関心の向上を図るため、全道各地で年間50回を超える観察会を開催しています。会員数約300名。

日本野鳥の会札幌支部は、北海道自然観察協議会創立30周年記念事業を後援しております。

由緒正しき新年会 2015

由緒正しき新年会

由緒正しき新年会

2015年1月25日。穏やかな日差しの大安吉日に伝統ある野鳥の会札幌支部「由緒正しき新年会」が今年も厳かに開催されました。
この格調高い雰囲気が、写真からは一切感じられないのは、カメラマンの力不足か。残念。



支部長あいさつ

支部長あいさつ

まずは山田支部長のごあいさつから始まります。

辻 幸治さんの講演

辻 幸治さんの講演

宴会前の講演会は、辻 幸治さんの「ウトナイ湖におけるノゴマの渡り」です。野鳥をかすみ網で捕まえて、標識の足輪を付けて放してあげることでその鳥の渡りの行動を調べたりする鳥類標識調査で、辻さんはその調査員(バンダーと呼ばれます)をされています。ノゴマの渡りについてのお話はもちろん、バンダーになる方法から野鳥の捕まえ方まで楽しいお話を聞かせてもらいました。みなさん興味津々で、いろいろな質問が飛び交っておりました。


講演終了後は新年会開始の乾杯!

続いて恒例オークション。今年は一眼レフカメラなども出品されていました。

また抽選会では、ご夫婦で揃って当てられた方や、2年連続1等賞の方など、やはり日頃の行いの良い人には大変おめでたい抽選会であります。

準備中

準備中

オークション

オークション

最後も乾杯で

最後も乾杯で



参加人数23人。今年もいい年でありますように。

オオワシ・オジロワシ調査(11月30日)

今日は北海道全域で越冬するオオワシ・オジロワシの個体数と分布を調べる日でした。
担当した茨戸(ばらと)川や石狩川流域をくまなく調べました。
札幌周辺でワシ類が最も多く観察できるのは1月2月ですが、それ
でもオジロワシ5羽の生息が確認できました。

オジロワシ(成鳥)

オジロワシ(成鳥)


ムクドリ(石狩市)

ムクドリ(石狩市)

ツグミ

ツグミ

石狩川で釣りを楽しむ人々

石狩川釣りを楽しむ人々


11月末とは思えない暖かな日和(プラス8度)と好天に恵まれて無事に終えることができました。
お隣りロシアからの旅人であるツグミとムクドリの群れが青空を背景に心地よい眺めを見せてくれましたし、石狩川では釣りを楽しむ人たちが多く見られました。

タヌキと遭遇

円山の自然は奥がふっか~い!

会員のTさんから探鳥会当日の円山公園内でタヌキに遭遇したとお便りが届きました。

探鳥会どうもありがとうございました。
さて、開始前に公園の梅林の東端を歩きながら、シジュウカラやアカゲラを見ながら今日はどんな探鳥会になるのか思いをめぐらせていました。足元には薄紫色のキク科の花が咲いていたので、葉の裏側のザラつきを確かめ、「エゾノコンギク!?」だ。他に何か咲いていないかなと、キョロキョロしていたとき、前方に動く物がいました。一目でタヌキと分かりました。

円山のエゾタヌキ幸運にも1枚写真を撮ることができました。もう1枚、というとき、側溝の穴に潜り込んでしまいました。
タヌキを見るのは初めてでしたので、嬉しい限りです。

クマゲラ、フクロウなど貴重種も生息し、里山のアイドル・タヌキまでも生息しているとは、円山の環境は本当に奥が深いですね。

ハマシギ

P1020083

8月末、石狩の浜で見かけたハマシギです。
お腹にまだ夏羽の名残の黒い羽が見られます。
波打ち際でチョコチョコとせわしく歩きながら、砂の中に 口ばしを入れて餌を探していました。
今はかなり南下して、お腹の黒味も取れたことでしょう。



P1020084

カワビタキの越冬初確認

日本の野鳥図鑑には載っていない野鳥がやって来ました!

1月に市民の方から北区の水辺で撮影したのですが「この鳥は!何でしょうか」と写真付きで問い合わせがありました。

カワビタキ-1
カワビタキ-2

写真は尾羽全体が鮮やかなオレンジ色で、体は鉛色に少し青を混ぜたような美しい野鳥でした。日本の野鳥ではないと判断した事務局はアジアの図鑑から探り当て、カワビタキの雄であると判明しました。インターネットで検索すると台湾、韓国まで出掛け、見に行くほど人気の野鳥である事も分かりました。
日本での確認は数年前に雌(尾の付け根が白い)が山口県で確認されています。

カワビタキ-3
カワビタキ-4

貴重な情報と写真を寄せて頂いた渡辺昌樹さんに感謝いたします。

リンク:「あなたは北海道の生物や生態系のこと、 どのくらいご存知ですか?」

140106hukurouzemi

札幌大学法学部の早矢仕有子先生のゼミで、北海道の「生物多様性」と、シマフクロウなどの「絶滅危惧種」についての意識調査を実施しています。
ウェブアンケートでの調査ですが、幅広くデータを集めるために野鳥の会札幌支部からもリンクいたします。

結果は、北海道の生物多様性保全に有効活用されます。アンケート期間は2014年3月末日までの予定です。ぜひご協力をお願いします。


あなたは北海道の生物や生態系のこと、 どのくらいご存知ですか?

http://hukurouzemi.web.fc2.com/

2014年 新年のごあいさつ

日本野鳥の会札幌支部 支部長 山田三夫

 あけましておめでとうございます。会員のみなさまはどのような新年を迎えられたことでしょうか。先の冬は記録的な降雪と積雪であったことからも、本年の気象状況が気になるところです。

 12月号でお知らせしましたように、札幌支部ではこの冬「さっぽろ 庭にくる野鳥の調査」を実施します。この調査は「都市部の住宅地は、見られる鳥の種類が少ないうえに、普通種がほとんどで研究者やバードウオッチャーに注目されなかった結果、『普通の鳥』の動向は意外なほど記録されていない。札幌市や周辺に住む市民が、自宅の庭や近くで見られる鳥の種と数を記録する市民参画調査ができないだろうか」という早矢仕有子札幌大学教授の提唱がきっかけとなっています。
記憶に新しいところですが2005年から06年の冬期間にスズメが大量死したことがありました。スズメは繁殖期には縄張りをつくり営巣するため観察しやすいのですが、冬のあいだは大小の群れをつくり広い範囲で動いているためか、その生息状況はなかなか分かりにくいとも言われています。スズメばかりでなくヒヨドリやカラ類は住宅地にどれくらいいるのだろうか。今からわくわくするような調査結果になるのではと期待しているところです。
札幌支部の会員のみなさまは、ひとりでも多く参加していただけるようお願いいたします。またインターネットを通して広く市民によびかけておりますので友人・知人の方にもぜひお声をかけていただけたらありがたいことです。

 我が家の庭のナナカマドも今年はたわわにみのっており、さてどんな鳥がやってくるのか楽しみです。どうぞ今年もみなさまと鳥たちにとってよい1年でありますように。

2014年 元旦

コウライウグイスが来ていました

今年の春は不思議な事に珍鳥が数種類やって来て、たくさんの方々から情報をいただきました。有難うございました。

コウライウグイス

紹介が遅れましたが5月末に北区の公園に、見た事の無い野鳥が来たと写真を市民の方から送って頂きました。
それは黄金色に輝く!コウライウグイスの♂では有りませんか。まあー!美しい。
1日ほど公園に留まり、軌道修正をしてたぶん大陸へ向ったと思われます。
情報提供の渡部さん、ありがとうございました。